デンタルアドクロニクル 2011
107/188

情報特集:今、もっとも“HOT”な研修・セミナー情報!は、研修会スタート当初から高い評価を得ている中心的コースだ。 大阪SJCDレギュラーコースでは、大きく2つの教育目標を掲げている。1つは、必要な資料の採取方法から、治療ゴールをイメージする診断力、そしてそこにたどり着くための治療計画の立てかたを身につけること。もう1つは、確実な治療結果を得ることができるテクニックの習得だ。ここで学ぶ項目は、資料採得や診断、補綴修復はもとより、成人矯正、歯周外科、インプラント、審美修復治療と多岐にわたる。なぜなら、これこそが「トータルバランスに優れた開業医」に必要不可欠な知識と技術だからである。大阪SJCDが誇る第一線の臨床家による指導から、「長期的に安定する結果を得るにはどうしたらいいか」を徹底的に学ぶことができるだろう。 ここで1つ、受講者にとって重要な情報がある。大阪SJCDレギュラーコース受講者には、「必ずケースプレゼンテーションする」という宿題が課せられるのだ。これは、このコースで学んだことを積極的に臨床応用することが歯科医師のレベルアップに欠かせないと考えているからである。 「ケースプレゼンテーションを通じて自分の症例を見直すことができます。また、他の受講者や講師から寄せられる質問や意見は、自分の弱点を克服するヒントになります。ケースプレゼンテーションは、このコースの総まとめであると同時に、新しい第一歩を踏み出すきっかけとして必要なステップといえます」(木原氏) 歯科医師の成長を第一に考えるコースだからこそ用意された、粋な宿題と言えよう。三位一体のチーム医療に必須 歯科技工士&歯科衛生士教育 コースラインナップで注目したいのは、「臨床テクニシャンコース」と「衛生士コース」の存在だ。 木原氏は、2つのコースの重要性を次のように強調する。 「日本の歯科医療はチーム医療で成り立っています。ですから、いくら院長ばかりが勉強しても、歯科技工士や歯科衛生士がついてこなければ、良質な歯科医療を実践することはできません。患者さんへの貢献を真剣に考えるならば、歯科技工士・歯科衛生士も成長することが必要です」 歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士が三位一体となって患者さんの治療に臨む̶̶ごく当り前のように聞こえるが、なかなか実践できないものである。しかし大阪SJCD研修会は、多くの歯科医院でチーム医療の芽を開花させている。 「それぞれのコースを受講していただくことで、チーム全員が同じコンセプトを共有し、共通のゴールに向かうことができるようになります。またお互いの仕事内容を理解することで、お互いの潜在能力を引き出しあうこともできるのです。大阪SJCDの研修会は、歯科医院のレベルアップをサポートする研修会であると自信をもっておすすめします」(木原氏) 「臨床テクニシャンコース」では、補綴物を製作するノウハウのみならず、歯周治療や矯正治療、メインテナンスについても指導し、幅広い知識と応用力を獲得できるよう配慮している。 また「衛生士コース」では、初期治療やメインテナンス、口腔内写真撮影といった、歯科治療のベースを支えるノウハウを指導するとともに、仕事復帰した歯科衛生士のブラッシュアップや歯科医院内での後輩指導に活かせる指導法までも提供している。「持っているけど使えない」歯科医師に福音! 「マイクロスコープコース」 もう1つ注目したいコースは、「マイクロスコープコース」だ。 「マイクロスコープを導入したけれど、どう使ったらいいかわからないという歯科医師によく出会います」(松川敏久氏:コースディレクター) このような現状を打破するべく、マイクロスコープコースでは、ペリオドンタルマイクロサージェリーのパイオニアであるシャネレック氏公認のインストラクター陣を中心に、“うまく活用するノウハウ”を伝授することを目標としている。受講者には1台ずつCarl Zeiss社製マイクロスコープが用意され、実習を通じて歯周外科や補綴治療、そしてシャネレック氏考案の抜歯後即時インプラント埋入テクニック(SMILE Technique)まで習得することができる。 「まだマイクロスコープを持っていなくても受講は可能です。ルーペでも応用できるテクニックやスムーズに導入するノウハウも提供します」(松川氏)成長のきっかけとして活用してほしい 木原氏は、「大阪SJCD研修会を通じて、成長したいと思う気持ちを高め、より積極的かつ自発的に行動できる歯科医師を育てたい」という。それこそが、成長の原動力に他ならないからだ。 真の開業医につながる大阪SJCD研修会の門戸は、2011年も広く開かれている。大阪SJCDレギュラーコースの実習風景。講師がつねに歩いてまわり、個々の質問に答えてくれる。105

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です