デンタルアドクロニクル 2011
16/188

14日本占術協会会長 浅野八郎 が占う 2011年の大予言「油断大敵の年」水面下でストレスがくすぶっている可能性あり! 2011年は、ヨーロッパ式のカバラ占星術では運命数「4」の年にあたり、これまでのトラブルや悩み事を解決させるために方向づけをしたり、新しい組織的な動きが活発になる年といえます。ただ、平和に向かっているように見えて油断がならない年でもあります。 十二支では「卯年」にあたります。「卯」の文字には、春になって地上に芽を出す「双葉」の意味があります。フレッシュなムードに満ちあふれますが、新しい芽であるため折れやすく、しっかり支えていないと、折れてしまう危険もあるのです。 一見、トラブルもおさまり、文化面では明るいニュースも増え、ソフトで穏やかな年に見えるかもしれませんが、水面下でストレスがくすぶっていることがあり、ちょっとしたきっかけで大爆発するキケンもある年です。 各分野では、次のようなことが予想されるでしょう。■ 政 治 過去の運命数「4」の年には、政治でリーダーの判断ミスによって、取り返しのつかない国際的なトラブルに巻き込まれたことがありました。また「卯年」は、政治での今までにない動きが起こり、新しい勢力が誕生することが多い年です。 これまであまり注目されていなかった人の中から、次のリーダーが誕生することがあるかも。明治維新の前年がやはり卯年でしたが、坂本竜馬・中岡慎太郎といった志士の活躍した年。新しい流れと古いものとがぶつかり合い、混乱から新しい力が芽生える年といえるでしょう。■ 経 済 不況がさらに深刻になることが。大手企業や金融機関が行き詰まり、倒産が続いたり、経済政策のミスが経済下降に拍車をかけそうです。ただ、今まで不調が続いた企業の中には、この年を境に活気を取り戻したり、下降傾向にあった企業が、おそろしいほどの大発展を見せることも。伸びる会社もあれば下降する会社もあり、その差が極端すぎて混乱もありそう。こんなときは、トップの行動力・アイデア・気力が、ダイレクトに影響しやすいといえるでしょう。トップのちょっとした判断ミスや迷いが、業績を大きく左右することも。 また、情報の取り扱い方にも注意が必要でしょう。情報を読み違えて、予想もしないようなトラブルが起こる危険性も。逆に、情報をうまく活用できた人が、大きな成功をおさめる可能性もあります。運命数「4」の年には、労働関係のトラブルが増える傾向に。今までの制度のひずみが新しい問題を引き起こして、経済活動に暗い影を落とすことがあるかもしれません。■ 社会現象 運命数「4」の年に一番用心したいのは、交通関係の事故、とくに航空機の事故です。過去の運命数「4」の年には、予想もしないような大きな航空機事故が起こっているのです。 運命数「4」の1966年には、全日空機巻頭特集 2

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です