デンタルアドクロニクル 2011
78/188

ノーベルアクティブインプラントデザイン骨を圧縮するデザインにより、タイプIVの軟らかい骨質でも良好な初期固定を実現します。審美領域において特に有効なデザインです。独自のスレッドインプラントボディの膨らんだテーパー形状と、独自のスレッドが骨を圧縮し、高い初期固定を実現します。ノーベルアクティブ・インプラントは1回転ごとに約2.4mm進みます。注意!スレッドの独自のピッチ設計により、他インプラント製品より速く埋入されます。頚部のデザインノーベルアクティブ(RP)は、バックテーパー形状のデザインにより、インプラント周囲の顎骨を十分確保することができます。リバースカッティング・フルートノーベルアクティブの側面には、2本のリバースカッティング・フルートが配置されています。フルートの長さはインプラントの長さによって異なります。ノーベルアクティブを反時計回りに1/2回転させ、埋入を続けると、このリバースカッティングフルートの切削機能により、埋入できます。注意!形成した部位の底部でインプラントが止まるとは限りません。先端部のデザイン先端部のドリリング・ブレードは一対の切刃状になっているため、小さめに形成した部位への埋入も容易にします。それにより、骨の切削量を少なくすることができます。1.GlauserR,ZembicA,RuhstallerP,WindischS.Fiveyearresultsofimplantswithanoxidizedsurfaceplacedpredominantlyinsoftqualityboneandsubjectedtoimmediateocclusalloading.JProsthetDent.2007;97(suppl):59–68.2.HallJ,Miranda-BurgosP,SennerbyL.Stimulationofdirectedbonegrowthatoxidizedtitaniumimplantsbymacroscopicgrooves:aninvivostudy.ClinImplantDentRelatRes.2005;7Suppl1:76–82.3.KielbassaA,etal.Randomizedcontrolledtrialcomparingavariable-threadNoveltaperedandastandardtaperedimplant:Interimone-yearresults.JProsthetDent2009;101:293–305ボディデザイン膨らんだテーパー形状のインプラントボディは、スレッド付オステオトームのように機能して、骨を圧縮します。条件の悪い骨質でも優れた固定が期待できるデザインです。※前歯部においては、インプラントドライバーとサージカルドライバーを用いたマニュアルでの埋入も可能です。独自のスレッド・デザインタイユナイト表面加工&グルービーオッセオインテグレーションを促進する事が実証されており、インプラント治療の予知性が向上します1。また、表面には独自のグルーブが施されており、オッセオインテグレーションを促進します2。グルービーノーベルアクティブインターナル(医療機器承認番号:22200BZX00844000)76

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です