デンタルアドクロニクル 2011
79/188

ノーベルアクティブ補綴コネクションビルトイン・プラットフォーム・シフティングを採用しています。デュアルファンクション・コネクション方式で通常のアバットメントとノーベルプロセラインプラントブリッジの2種類のコネクションに対応します。デュアルファンクション・コネクション1.通常のアバットメント2種類の補綴連結様式で、通常のアバットメントにも、インプラントブリッジにも適応。プラットフォームシフティング機能が備わっており、様々な補綴物の選択も可能です。ソフトティシュ・インターフェイスインプラント上部の水平部によりシングル・アバットメント装着時に0.25mm幅のビルトインプラットフォームがもたらされます。プラットフォーム・シフティングにより、軟組織量が増加し自然な審美性を実現します。1.通常のアバットメント2.ノーベルプロセラインプラントブリッジデュアルファンクション・コネクションデュアルファンクション・コネクション2.ノーベルプロセラインプラントブリッジ最上部の水平部は、インプラントレベルのブリッジの連結を可能とします。ノーベルプロセラインプラントブリッジ(ジルコニア/チタン)は優れた強度でシングルアバットメントの追加は不要となります。インターナル・コニカル・コネクション様々なシングルアバットメントの安定・密着した連結のためにデザインされています。注意!連結部は適合性に優れているため、アバットメントは一旦装着すると外しにくくなります。ヘキサゴナル・インターロッキングコネクション内部に六角形のヘキサゴナル・インターロッキングを備え、審美性に優れたアバットメントの位置決めに有効です。クリニカル・ファクト2006年4月、ノーベルアクティブについての5年間の無作為化比較多施設研究が開始されました。この研究はヨーロッパの12施設における177人の患者に対し、199本のノーベルアクティブ・インプラントと126本のノーベルリプレイス・テーパード・インプラント(対象グループ)が埋入されました。研究の中で、全てのインプラントは抜歯治癒後に埋入され、即時負荷が適用されました。1年経過後の累積残存率はノーベルアクティブが96.5%、ノーベルリプレイスが97.6%という結果でした。また、辺縁骨吸収量はノーベルアクティブが0.8±1.2mm、ノーベルリプレイスが0.6±1.2mmという結果となり、グループ間に顕著な有意差はありませんでした3。そして、2つの3年間に渡る抜歯即時埋入・即時負荷のプロスペクティブ研究がアメリカにおいて進行中です。コネクション内部断面図ポジショニングも容易に(左)インプラント/アバットメント接合部の10倍拡大図(右)同接合部の1,000倍拡大図。密着していることがわかります。ノーベルプロセラインプラントブリッジ用ショルダー・シーティング77

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です