デンタルアドクロニクル 2012
109/192

特集:株式会社松風創立90周年企画「機能性材料GIOMERのすべて」107図5a 筆者の医院の自費会員制度。図5b 自費会員制度の効果は大きい。図7 歯面コーティング材PRGバリアコート使用の際のポイント。図6a、b 攻めの予防に不可欠なPRGバリアコート(a)とビューティシーラント(b)。7年目を迎え、現在250名を超える予防の自費会員の方がいる。予防は継続して診ることで初めて機能すると考えたため、基本的に年会員制度というシステムを用いている。これは携帯電話の契約をヒントにしたもので、年間契約の割引や家族割りを導入した。結果、三世代で入会している患者家族もいる。この予防会員に入っていて、COで経過観察していたう蝕が進行した場合、無料でGIOMERの充填をしている。その際、保険請求や窓口の支払いは生じず、すべて会費のなかに含めている。もちろん、たとえう蝕が進行したとしても大きく進行しているケースはほとんどなく、無麻酔下、短時間で治療が行える(図5a)。このように定期的に診ていれば、う蝕や歯周病が大きく進行することも、もちろん咬合が急に崩壊することもない。難しい治療は必要なく、素早く対応できるのも利点である。そして、徐々にQOLが高い患者さんが集まり、質が高い治療を希望する患者の比率が増えてくる。つまり、予防を重視していると、自然と自費診療を希望される方も増える(図5b)。 つまり、MiCDコンセプト(Minimally Invasive Cosmetic Dentistry:天然歯への侵襲を最小限に抑えつつ審美的結果を出す患者ニーズを汲み取った歯科治療)と経営は、両立ができるのだ![攻めの予防材料] フッ素入りの歯磨材を用いてTBIをかなり頑張っている、また、フッ素塗布・PMTCを定期的に行っているが、それでもう蝕が進行する子どもがいる。このようなリスクが非常に高い子どもたちの歯をもっと救えないか? そのようなことを常日頃からスタッフと一緒に考えていた。そんな時に松風● 基本3か月に1回の年会費制● お口の状況に合わせ予防処置● 一気に口腔内の細菌数を減らす● 咬合チェック● エックス線撮影無料● COに無料でGIOMER● 進行しても無料でGIOMER● オーラルエステ(大人のみ)● インプラントの上部構造保証● 定期的に来院してくださる● 歯科衛生士が辞めない● 矯正治療が増える● 審美治療が増える● インプラント治療も増える● 結果として自費率が上がる● 良いリズムができる● 咬合の崩壊を防げる● 素早い対応ができる● 働いていて楽しい♪・混和後2分以内に使用する・ ブラシに付着した混和液を開口部の縁でそぎ落として付着量を調整してから歯面に塗布する・ 術後未重合層をガーゼなどで、しっかり拭き取る図6a図6b

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です