デンタルアドクロニクル 2012
15/192

巻頭特集1● 歯科における学会の現状と今後の展望~ 認定医・専門医が日本の歯科界を牽引する~ Quint DENTAL AD Chronicle 2012巻頭特集1● 歯科における学会の現状と今後の展望~ 認定医・専門医が日本の歯科界を牽引する~ Quint DENTAL AD Chronicle 2012③ 本学会が指定(認定)した研修施設に通算して 5 年以上在籍していること。④ 日本歯科医師会の会員であること。⑤ 専門医教育講座を 3 回以上受講していること。⑥ 本会学術大会及び支部学術大会に 8 回以上参加していること。⑦ 本会専門医制度施行細則に定める 所定の研修を終了していること。⑧ 口腔インプラント指導医 2 名(内1名は施設長)の推薦が得られること。⑨ 施行細則に定めるインプラント治療の経験があること。⑩ ケースプレゼンテーション試験に 合格していること。⑪ 本会学術大会又は支部学術大会において 2 回以上発表を行っていること。⑫ 口腔インプラントに関する論文を本会 学会誌 又は委員会が認める外国雑誌 に 1 編以上発表していること。の12項目である。 詳細は日本口腔インプラント学会のホームページを参照していただきたい。専門医制度を支える3本の柱 日本口腔インプラント学会では専門医制度を進めるため、認定委員会、試験委員会と教育委員会が協力してこれを行っている。認定委員会は制度案作成や各種認定制度の申請・更新の審査、専門医試験の監督さらに専門医教育講座の実施、教育委員会は専門医の更新、申請のための講習会の開催、試験委員会はケースプレゼンテーション試験、ケースプレゼンテーション論文の査読、専門医試験を行っている。専門医は経験を積んだ後、さらに指導医を目指すことが可能であり学会員の知識技術の向上を目指すための指導者となる。現在指導医は大学臨床医あわせて166名である。このように学会全体として安全・安心のインプラント治療を目指し患者さんの幸福のために努力している。専門医の更新 専門医は永久ではなく5年ごとの更新が求められている。これらは、常に治療技術を研鑽、向上していくことが求められていることによるものである。専門医を取得するかしないかは各先生方の選択に任せられているが、少なくともインプラント治療に携わるのであれば中途半端な知識、治療技術で行ってはならない。事故を起こしてからでは遅い。このようなことからもハードルは高いかもしれないが、是非、口腔インプラント学会専門医を取得していただきたい。最新の情報と連携 口腔インプラント治療は日々新しい技術や研究結果が報告されている。これは多くの学会誌等でインプラントに関連するものが取り上げられていることからもわかる。日本口腔インプラント学会は2009年にドイツインプラント学会(DGI)と学術協定を結び、学会活動を通して学術の交流を図っている(写真)。患者さんも海外でインプラント治療を受けた方が来院することも、また日本で治療を受けた方が海外へ転居することもあり、ますます国際的交流・連携も求められている。この点からも国際的基準の専門医が求められている。参考文献1. 渡邉文彦. インプラント教育 第1回 口腔インプラント教育の現状と取り組み. Quintessence DENTAL Implantology 2011;18(1):59-632. 渡邉文彦, 矢島安朝, 永原國央, 松浦正朗. インプラント教育 第2回 歯科大学・大学歯学部 での卒前教育. Quintessence DENTAL Implantology 2011;18(2):225-2323. 渡邉文彦, 藤井俊治, 松沢耕介, 榎本紘昭, 簗瀬武史, 井汲憲治,伊東隆利. インプラント教育 第3回 医学部口腔外科での 卒後教育と公益社団法人日本 口腔インプラント学会臨床系認定 研修施設での認定講習会. Quintessence DENTAL Implantology 2011;18(3):385-3924. 渡邉文彦, 矢島安朝, 永原國央, 春日井昇平, 前田芳信, 加藤仁夫, 江藤隆徳, 廣安一彦,廣瀬由紀人, 松下恭之, 松浦正朗, 川添堯彬. インプラント教育 第4回 口腔インプラント卒前、 卒後教育基準と口腔インプラント基礎実習. Quintessence DENTAL Implantology 2011;18(4):559-5665. 藤井俊治、高森 等 「口腔インプラント専門医」の概要、日本歯科評論 第70巻第10号、2010年10月:752011年9月16日に行われた第41回大会「世界潮流̶ドイツインプラント学会(DGI)」講演より。13

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です