デンタルアドクロニクル 2012
19/192

巻頭特集1● 歯科における学会の現状と今後の展望~ 認定医・専門医が日本の歯科界を牽引する~ Quint DENTAL AD Chronicle 2012巻頭特集1● 歯科における学会の現状と今後の展望~ 認定医・専門医が日本の歯科界を牽引する~ Quint DENTAL AD Chronicle 2012とのよりよい信頼関係を築く源になると考えます。専門性の高い治療ができるということは、治療することに喜びとやり甲斐を感じ、治ることによって患者さんが喜んでくださり、歯科医師としての生活を確保できる道につながると考えます。一生涯学び続けることの重要性 卒業時点での知識と技術で食べていける時代はとっくに終わっています。歯科界全体が低迷傾向にあるのも、歯科医師の資質に起因するところが大きいと考えます。なぜなら、子どものう蝕を除いて歯科疾患は減っていないからです。開業医は、経済性ばかりを求めるのではなく、確実な診査診断能力やより高度な治療能力を養う努力を続けなければなりません。ともすると、増患対策として安易な宣伝や安易な治療法だけに頼りがちな傾向も見受けられるなか、最近では、歯内療法に関連したトラブルや訴訟が増えています。これは、歯内疾患の診断や治療の難しさに起因していると考えられます。 一方、認定医や専門医取得をめざし、高い診断能力や治療能力を身につける努力をするなかで、それらの能力は確実に養われるはずです。そして、専門医には更新制度が義務づけられていますので、そのレベルを継続するための研修を積まなければなりません。こうした習慣が生涯学習の基盤となると考えます。若手はどのように学んでいけばよいか 世界の標準的治療指針にそった治療法を勉強するなら、日本歯内療法学会への入会をお勧めします。そのなかで、多くの指導者を知り、勉強の機会が増えていくことでしょう。また、専門医に直接、質問や相談ができる機会もあり、直接、指導を受ける機会にも恵まれると思います。若手は知識や経験の豊富な専門医や指導医に躊躇することなく質問や相談をして、知識や技術を吸収してほしいと願っています。1)日本歯内療法学会独自の認定臨床研修 日本歯科医学会では、専門医取得の条件として下記の項目を挙げています。① 専門性の高い研修機関で5年以上履修すること② 学会で定められた所定の研修を収めること③症例審査④筆記試験⑤口頭試問 若い先生方が専門医取得をめざすと、①の条件により、大学病院で5年以上研修を積む必要があります。ということは、卒後、開業医に勤務した若手には、専門医取得の道が閉ざされることになります。卒後、多くの若手が開業医に勤務するのが日本の現状ですので、日本歯内療法学会では、認定研修機関以外の開業医の勤務医にも専門医取得の道を開くために、認定臨床研修の履修コースを開設しています。歯内療法の基礎、診査診断から高度な臨床までを7年間かけて履修してもらうシステムです。これには開業医勤務の若手のみならず、大学病院勤務の若手や専門医も参加して一緒に勉強しています。また、認定研修施設の条件を緩和し、指導医のいる診療室で諸条件を満たす一般診療所も認定施設として認められるシステムをとっています。2)専門医セミナーへの参加も可能 また、日本歯内療法学会では、毎年1回開催される専門医セミナーに、専門医以外の先生方も参加できるシステムになっており、より広い勉強の場を提供しています。基礎から臨床まで幅広く勉強ができる機会として、専門医以外の先生方の参加は、年々、増加しています。3)支部会活動も勉強の場に活用 さらに、関東甲信越静、中部、西日本の3つの支部会があり、それぞれ学術講演会および一般口演、テーブルクリニックなどの発表の場を設けています。各支部会では、共通の地域の先生方と知り合う機会も多く、直接、指導を受けることもできます。 なお、日本歯内療法学会では、広報ホームページ委員会から募集しておりましたキャッチフレーズが決定しました。「歯は一生の友達 根は一生の支え」です。学会からマスコミなどを通じて積極的に発信し、歯内療法の重要性を国民に向けてアピールしていきます。昨年、長崎で行われた第32回日本歯内療法学会学術大会。今年は6月に第33回学術大会が東京で行われる予定。17

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です