デンタルアドクロニクル 2012
42/192

40歯科界のトップが語る 宮本先生を筆頭とするトップドクターにご活用いただければ、相乗効果で世界一の成果を最短時間で確実に得ることができるという素晴らしさ。 そして、卒後間もないドクターにご活用いただければ、他の道具よりも上達が早まり、短時間でミスもなく、患者さんも大変喜ばれ、大きな自信と満足が共に得られるという、使用者の声にもとづく長年の実績です。宮 本 私が茂久田さんの機器を気に入って、研修会の実習に使おうとすると、茂久田さんの学術営業の方は、初日から研修会をずっと手伝って、どういうふうに使うのかを勉強されていますね。そういう優れた現場目線で仕事をしている営業マンは世の中になかなかいないんですよ。 やはり、物づくりがとても好きなんだな、他のメーカーさんとはだいぶ違うなという点を非常に感じますね。茂久田 一般企業での営業員の活動というのは、製品を映画にたとえると、出来上がった作品を観客として鑑賞してから、他人にすすめているようなものです。 茂久田は観客でなく、製作スタッフとして映画づくりに参加・協力しています。主役以外の俳優さんやスタッフの方々にも、主役クラスと同じように大画面上で活躍してもらいたい、観客全員に存在価値を認め応援してもらいたい、と願いながら、われわれこそが裏方に徹して活動する正しさをわかっています。 ですから、これらツールによって、先生の治療が大幅に楽になり、繊細な手技をいつでも発揮されるようになる。アイデアと技術の進歩をさらに速められ、情報の発信基地として活躍される。そういった飛躍の担い手になることが最高の喜びなのです。 先生も技工士さんも衛生士さんも、「これがあれば助かるのになぁ。みんな困っているのに、なぜ気づかないの?」と問題をたくさん抱えながら、誰が解決してくれるのか見当もつかない。誰かに思いきって尋ねてみても「いや、知りません」や「うちの商品ではありません」など、個人知識や自社製品だけの話に終始してしまいます。 私たちは、すべて解決していきましょう、協力して実現しましょう、という活動へと発展させてきました。 「つくってみましょう」「この会社に聞いてみましょう」「この会社をご紹介しましょう」のように、問題の根源と、解決できる情報とをつなげられる人財の集合体として、信頼される企業の形ができてまいりました。 この信頼を永続していくには、即断即決できる能力、人脈とネットワーク、そして経験が必要ですので、ここを若いスタッフ一人ひとりが身につけ実践しているところです。 誰もが真っ先に検索をかけるGoogleのように『困ったらまず頼ろう、どこよりも素早く、正確で、安心だ』と思われる存在になりたいと考えています。未来にこだわり伝え続けていく。宮 本 技術の進歩、材料・器具の進歩によって、歯科医療のスタンスが変わってくるでしょう。それを歯科医がうまく消化をして、患者さんのニーズに応えていくことが大事ですね。 私も、東京医科歯科大や母校の朝日大学で教鞭をとらせていただいているので、教育レベルから将来に夢を持たせる、歯科界の1人ずつに夢を持たせるような話をしていきたいし、自分の中では、もっと海外にチャレンジし、日本発の情報をドンドン発信したいと考えています。 JIADSのコンセプトは「予知性を持ち、科学的根拠に基づいた治療を行えば、永続性のある治療結果が得られること」です。とりわけ、longevityを一番の目標においていますから、ペリオにしてもインプラントにしても、私たちの行った治療が少しでも長持ちすることを目指してやっています。 ただ、時代の流れとして、患者さんのニーズも、歯や歯周組織をできるだけ削らない、切り取らない、いわゆるMIという方向できていますし、21世紀になって再生療法が注目され、「切除から再生へ」と大きく変わってきています。そうした変化に合わせて、私たちも大きく舵取りをしていかないとダメと考えています。茂久田 私たちは、いつ見ても愉しいセレクトショップとして、今のトレンドから次のトレンドまでを網羅し、バイヤーのセンスでコラボレーションや別注を打ち出しながら進んでいきます。皆さまにとってずっと欲しかったものが、すべてスムーズに手に入るようにすること。それによって業界全体が活性化することを目指しています。 その欲しかったものとは、若手にとっては道具と指針であり、ミドルクラス以上の方にとっては活躍の舞台であろうかと考えています。 しかし、必要とされる方に会社や商品の存在が伝わらなければ、ないのと同じです。 フットワークよく世界中を駆け回り、自社開発した革命的な商品が導く、わかりやすいゴールをお示しして、皆さまにご活用いただけるよう、今年も日本の皆さまへ「本質の伝えかた」に力を入れ努力してまいります。 それによって、名脇役の皆さまも全員主役へと昇華されるように。そして、主役を演じきる皆さまには、共演者のご提案を含めた、最上の舞台をご用意できるよう作戦を組み立てます。 ワールドスタンダードを担う日本の治療技術を世界に発信し、『日本の本質を伝える』一助を担えることを誇りに、どんと胸を張って進む1年にしてまいります。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です