デンタルアドクロニクル 2013
35/192

日本占術協会会長浅野八郎が占う2013年の大予言̶̶自然災害に要注意の年33 2013年は、ヨーロッパ式のカバラ占星術では運命数「6」の年で、「調和・援助の年」といわれています。今までの混乱や迷いから、何か大きな救いを探し出そうという意欲が高まってくる年といえます。 ただ運命数「6」の年は、災害・戦争など変動が多い年でもあるのが特徴。 十二支では「巳年」。「巳」はもともと「胎児」を物語り、新しいものが起こることを意味しています。新しいことに向かって進もうとする意欲は高まるけれど、同時にさまざまな試練を乗り越えていかなければならない年といえるでしょう。■政 治 経済や国際関係に難問題がさらに持ち上がり、ますます政治に批判が高まりそうですが、その中で新しいリーダー登場の兆しが見えそうな年です。 また、今まで表面に現れていなかった実力者の活躍が、注目されることもあるでしょう。これまで政治の世界になじみのなかった人が、ニューリーダーとして登場し、今までの政治にメスを入れるといったこともありそうです。■経 済 経済は新しい兆しが見えたり、新しい挑戦に対する意欲が高まってくるものの、まだまだ油断がならない年。 その中で、独自のアイデアや研究開発によって大発展する企業が増えそうな気配はありそうです。ただ経営不振により、新しい組織で再スタートしたものの、さらに経営が悪化するといったこともあるでしょう。 活力のあふれた地域ばかりが、経済的に発展するといった、地域格差が大きくなりやすい年ともいえます。 アメリカと中国の政治や経済に大きな変化が現れるかもしれません。大発展を見せていた中国経済の隠れた問題が表面化し、成長をおさえるマイナスのエネルギーになってきそう。また、国際的には、地域経済格差がますます広がることになるかもしれません。■社 会 青少年の犯罪や自殺に注意が必要な年。同じリズムの年である1977年には、小中学生の自殺増加が社会問題になり、1986年には、アイドル歌手が飛び降り自殺をして、後追いした人が連続したといったことが起きています。 また、少子高齢化による新たな問題が持ち上がってきそう。とくに介護や孤独死などの高齢者の問題浅あさの野 八はちろう郎心理研究家・日本占術協会会長・国際予想科学協会会長。『手相術』『手相診断』『運をつかむちょっとした知恵』『カバラ数秘術 ユダヤ最高の占術でわかるあなたの運命』など、著書400冊。多くのベストセラーを生む。携帯サイト『縁結びの神様』など、多数監修。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です