デンタルアドクロニクル 2013
36/192

巻頭特集5 34は、ますます深刻に。 そのような中で、健康年齢や心の健康に対する意識がさらに高まり、身体と心の癒しを目的とした施設が注目されそうです。新しいタイプの温泉ブームになることも。温泉ブームと平行するように、「水」に対する関心もますます高まってくることがありそうです。 地域医療や歯科の役割も、今まで以上に大切なものとなってくるでしょう。■スポーツ・芸能 世の中は不安定なのに、スポーツやレジャー関係は、今までにないうれしいニュースが舞い込んでくるチャンスが多い年。 ただ、人気のあったスポーツは停滞気味になることが。一流野球選手がメジャーリーグで活躍する一方、何となく日本のプロ野球に盛り上がりが欠けることがあるかもしれません。サッカー人気は盛り上がってくるものの、Jリーグ人気は横ばい状態といったことが。このところパッとしなかった相撲人気は、少し復活するかもしれません。 芸能界にとっては、新人の登場しにくい年。期待されていた若者タレントの人気が意外なきっかけで下降したり、ヒットを飛ばしてすぐ消える一発屋が増えるかもしれません。 映画やテレビの世界では、アニメや夢のあるファンタジーの人気が、ますます高まりそう。今までおたく文化といわれていたものが、一般的な人気を得ることが。 意外なのは、今までパッとしなかった古典ものや、競技ダンスが静かなブームを呼ぶといった現象もありそうです。 若者が好むものと中高年が興味を示すものとの差が、ますますハッキリしてくるのもこの年の特色。■自然・災害 運命数「6」の年で、いちばん忘れてはならないのが、「自然災害」が多い年であるということ。 過去の運命数「6」の年を調べてみると、天保4年(1833年)に大地震・津波が起こり、さらに大飢饉

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です