デンタルアドクロニクル 2013
37/192

日本占術協会会長浅野八郎が占う2013年の大予言̶̶自然災害に要注意の年35や農民一揆といったことが連続。大正12年(1923年)には関東大震災、昭和16年(1941年)には太平洋戦争、昭和25年(1950年)には朝鮮動乱、昭和34年(1959年)には伊勢湾台風、昭和61年(1986年)には三原山の大噴火、平成7年(1995年)には阪神淡路大震災と、信じられないような大災害が起こったりしました。また、災害が起こらないときは戦乱が起こる傾向にあります。 2013年ももちろん、自然災害や戦乱の影響には注意がもっとも必要な年といえます。 とくに、地震や火山の噴火の被害は予想以上に大きなものとなりやすく、社会に与える影響も多大。新たに気を引き締めて、今まで以上に用心をしたり、いざというときの防災グッズの備えや、緊急連絡方法の再確認をしておいて損はないでしょう。 東日本大震災の後、引き締まっていた気持ちが、ゆるんでくることもあります。今一度、防災に対する気持ちを改めることも重要です。 このような2013年に幸せを呼び込むには、心に「夢」を持つことが、何より大事です。生活や仕事とは別に、ライフワークのようなものを持つこともよいでしょう。また、たとえ実現が難しそうな夢だとしても、それに向かって新しい一歩を踏み出したり、少しでも努力することが、幸運を呼び寄せるカギになります。 「夢」を共有できる仲間をつくることも重要です。1人ではくじけそうになっても、仲間がいれば励ましあえます。1つひとつの出会いにも感謝し、大切にしていきましょう。家族で夢を語り合ったり、共有していくことが、意外なパワーになることもあります。 昔からのスタンダードなやり方、昔の知恵が案外役に立つときでもあります。新しいことにばかり目を向けると、途中で行き詰ってしまうことがあるでしょう。また、混乱や迷いが出てきたとき、何か古い知識や手法を生かしていくことで、脱出口が見えることもあります。温故知新の言葉どおり、古きを知ることで、何か新しいものが見つかったり、今までになかった自分らしい方法や幸せの法則が見つかるかもしれません。 どうぞ、夢のあるよい年になりますように。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です