デンタルアドクロニクル 2013
81/192

企画にあたって バイオアクティブ機能性歯科材料への注目が高まるなか、その開発の最先端を行く株式会社松風の製品をとおして、その全貌を紹介する誌上シンポジウム。 コーディネーターの田上先生にバイオアクティブ機能性歯科材料の全体像をご解説いただいた後、大学人・臨床家それぞれのお立場から、現時点での最新情報と将来展望を解説いただきました。「基礎」と「臨床」および「注目の製品」が詳しく紹介されることで、読者の先生方の明日からの臨床応用時に大いに参考となります。 (編集部)基調論文田上順次 「バイオアクティブ機能性材料とは?」各 論今里 聡 「バイオアクティブ機能性材料としてのS-PRG フィラー:その抗菌効果について」福本 敏 「バイオアクティブ機能性材料としてのS-PRGフィラー:その歯質再石灰化能について」青島徹児 「補綴領域におけるバイオアクティブ機能性材料の活用について」池上龍朗 「機能性マテリアルを考慮したレイヤリングテクニック」株式会社松風̶̶2013 誌上シンポジウム「バイオアクティブ機能性歯科材料」を探る

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です