デンタルアドクロニクル 2014
127/196

日本生理学的矯正歯科学会セミナー 6回に渡って、※6つの特許をベースとした検査診断システム「セファロ顔面位指定角撮影システム、顎変形症診断システム、歯科矯正骨格リスク度判断システム、OSAS診断治療システム」と副作用のリスク(重篤な歯根吸収を起こさない、痛みが少ない、顎関節症を誘発しない等)が低い、3D-LSテクニックのベーシック理論を勉強し、実習を行います。 矯正治療をサイエンスと捉えた3D-LSテクニックは、特殊な理論により力学的科学的に歯の移動メカニズムを証明し、完璧な3次元的歯体移動のアプローチが可能となったテクニックです。本テクニックは理論と規格化された治療パターンを学べば、煩雑なワイヤーベンディングや特殊な器用さは必要とせず、誰でもが安全にそして合理的に安定した治療が可能となるのです。 臨床家はアベレージが大切です。大きな失敗をすることは許されません。ご自身の力量の中で、限りなく100%に近い治療が施行されることが、おおきな意味で重要なのではないでしょうか。 3D-LSTはローフリクションスライディングシステムであり、また適正矯正力の範疇で、なお且つ歯体移動で治療が施行されるため、驚くほどの精度で治療中の痛みや、治療後の歯根吸収がありません。すなわち患者さんに自信を持ってアプローチが可能となり、重篤な副作用をおこさない本テクニックは患者を守る、医院を守る最大のツールテクニックと成り得るのです。■その他の開催予定の情報❶特許取得アイテム(セフゲージ、タッチセフ)およびOSAS診断治療システム、および副作用のリスクの少ない3D-LSTの概論を一日コースで講習します。ビデオライブラリーにて講義予定。東京特設会場 赤坂見附会場(後日ホームページにて掲載)一日コース 20,000円(税込、資料費込)定員 25名❷3D-LST アドバンスコース2014年夏以降の予定(現在検討中)■定員❶ベーシックコース定員松本会場(5名) 東京会場(5名)■コース開催日時松本会場(午後1時から6時まで)1回目 3月2日(日曜日)2回目 4月6日(日曜日)3回目 5月4日(日曜日)4回目 6月1日(日曜日)5回目 7月6日(日曜日)6回目 8月3日(日曜日)■講師平林 大樹(メイン講師)窪田 裕一/太田 芳夫/浅野栄一朗/犬飼 健■講習費❶6回コース 300,000円(税込)材料費別途60,000円■会場❶東京会場 JaPOS東京支部 四谷見附矯正歯科内 住所;東京都新宿区四谷1-2中村ビルB1F Tel;03-6273-1077❷長野会場 JaPOS長野本部 CAT矯正歯科内 住所;長野県松本市本庄2-8-15 Tel;0263-32-4807■申込方法学会サポート会社、「Ceph Medical Corporation.日本生理学的矯正歯科学会(JaPOS)事務局」へメールもしくは電話にてお申込みください。■お問合せ・お申込み先Ceph Medical Corporation.日本生理学的矯正歯科学会(JaPOS)事務局 〒390-0814長野県松本市本庄2-8-15 TEL 0263-87-1478 Email;info@cephmedical.co.jp東京会場(午後1時から6時まで)1回目 4月27日(日曜日)2回目 5月18日(日曜日)3回目 6月29日(日曜日)4回目 7月27日(日曜日)5回目 8月31日(日曜日)6回目 9月28日(日曜日)1.【特許第4926292号 特許権者&発明者 平林大樹】《発明名称》 歯列矯正治療における顎骨手術要否判断指標の計算方法、歯列矯正治療における顎骨手術要否判断方法、歯科治療における上下顎骨不調和判断指標の計算方法、歯科治療における上下顎骨不調和判断方法、プログラムおよびコンピュータ ※アメリカでの早期審査申請中、PCT国際出願済2.【特許第4958323号 特許権者&発明者 平林大樹】《発明名称》 顎変形症判断指標の計算方法、顎変形症判断方法、プログラムおよびコンピュータ ※アメリカでの早期審査申請中、PCT国際出願済3.【特許第5100905号 特許権者&発明者 平林大樹】《発明名称》 X線撮影装置、X線撮影を行う際の頭部傾き測定方法、X線撮影装置用スタンド、X線撮影装置用椅子および頭部傾き設定装置4.【特許第5241971号 特許権者&発明者 平林大樹】《発明名称》 歯列矯正治療における顎骨手術要否判断指標の計算方法、歯列矯正治療における顎骨手術要否判断方法、上下顎骨不調和判断指標の計算方法、上下顎骨不調和判断方法、顎変形症判断指標の計算方法、顎変形症判断方法、プログラムおよびコンピュータ5.【特許第5265060号 特許権者&発明 平林大樹】《発明名称》 閉塞型睡眠時無呼吸症候群リスク判定装置の作動方法、舌骨沈下判定装置の作動方法、プログラムおよびX線診断システム6.【特許第5319031号 特許権者&発明 平林大樹】《発明名称》閉塞型睡眠時無呼吸症候群リスク判定指標の計算方法、閉塞型睡眠時無呼吸症候群リスク判定方法。プログラムおよびコンピュータ────3D-LST(3次元的ライトフォーススライディングテクニック)ベーシック半年コース────125

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です