デンタルアドクロニクル 2014
87/196

85㈱松風―2014誌上シンポジウム「予防的機能を有したバイオアクティブ材料」の現在S-PRGフィラー安定なグラスアイオノマー相をフィラー表面のみに形成表面改質層多機能性ガラスコアグラスアイオノマー相酸反応性フッ素含有ガラスポリ酸水グラスアイオノマー反応PRG技術ポリアクリル酸水溶液多機能性ガラスフィラー多機能性ガラス粒子径の制御&表面改質図1 Pre-Reacted Glass-Ionomer(PRG)技術とS-PRG フィラー。Al3+Na+Sr2+BO33-F-SiO32-図2 S-PRGフィラーのグラスアイオノマー相からリリースされるイオン。表1 S-PRGフィラーのグラスアイオノマー相からリリースされる各種イオンとその期待される効果。F(フッ素) フルオロアパタイトの生成・抗菌作用 脱灰病巣の再石灰化作用Sr(ストロンチウム) 骨形成および石灰化の促進・耐酸性の向上AI(アルミニウム) 知覚過敏抑制効果Si(シリカ) 歯質の再石灰化誘導(骨組織の石灰化)B(ボロン) 殺菌作用・骨形成促進図3 S-PRGフィラーが含有されたフルオロボンドⅡ。接着材人工的に形成した二次う蝕FL2Super Dentin樹脂含浸層象牙質図4 フルオロボンドⅡで形成された Super Dentin の走査電子顕微鏡像 (×3,500):フッ素徐放性のない材料と異なり底部では肥厚した層が観察される。接着材樹脂含浸層象牙質Super Dentin図5 Super Dentinの形成されたレジンと象牙質との接着界面の模式図。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です