デンタルアドクロニクル 2015
104/180

JAID特集 Healing timeHigh levelstability dipTotal stabilityPrimary stabilityy=ax65Untreated implantswith high primary stabilityImplant stability quotient(ISQ)AHealing timeLow-levelstability dipTotal stabilityPrimary stabilityy=a’x(a’>a)65Untreated implantswith low primary stabilityImplant stability quotient(ISQ)CHealing timePrimary stability65Implant stability quotient(ISQ)DPhotofunctionalized implantswith low primary stabilityNostability dipHigher total stabilityHigher level ofosseointegrationEven faster osseointegrationy=2bxHealing timeNostability dipHigher total stabilityHigher level ofosseointegrationFaster osseointegrationy=bx (b>a)65Photofunctionalized implantswith high primary stabilityImplant stability quotient(ISQ)BPrimary stability図4 初期固定値と二次固定値によりもたらされるスタビリティーディップの変化を4つのパターンに分類した図。A:初期固定値が高く光機能化されていないグループ。B:初期固定値が低く光機能化されていないグループ。C:初期固定値が高く光機能化されているグループ。D:初期固定値が低く光機能化されているグループ。光機能化されているグループは初期固定値に関係なくスタビリティーディップが消失している。これは光機能化により二次固定が早く起こることに起因している。光機能化はトータルスタビリティーの割合を促進するのみならず、数値そのものも増加させている。表2 初期固定値により3グループに分けた。埋入時の初期固定のそれぞれのグループの平均と6週後の平均である。この変化の差を1.5カ月(6週)で割ったものがOSIである。表3 骨質による埋入時と6週後のISQ値の変化。Type2とType3では埋入時から6週後まで値が増加しているが、6週後の値は各グループに顕著な差がない。表4 インプラントの長さにより2グループに分類した。埋入時から6週後のISQ値はそれぞれ増加しているが、顕著な差はない。表5 光機能化されていないインプラントの文献から計算したOSI値と、この研究においてのOSI値の比較。光機能化されたインプラントのOSI値は、通常のインプラントよりも顕著に高い。TABLE 2. ISQ Change and OSI In Photofunctionallzed ImplantsISQPrimary Stability Range(ISQI)AtPlacementAt Week 6ChangeOSI62-7068.4±1.577.5±1.49.5±1.3*6.3±0.971-7573.0±1.578.1±2.34.6±1.8*3.1±1.2≧7678.5±1.678.1±2.1-0.3±2.1†NATABLE 5. ISQ Change and Calculated OSI in the Literature and This StudyISQImplant SurfaceCondtionsIntial(at Placement)Secondary*Healing Time(mo)OSI(ISQ increase/mo)TUnite41(oxidized)Immediate/early Ioading maxilla60.1±3.662.8±1.640.68TUnite42Immediate/early loading maxilla63.3±6.164.3±5.330.33TUnite10†Includes GBR and extraction socket68.063.03-1.67TUnite43Anterior maxillaGrafted anterior maxilla58.5±4.761.5±9.060.9±4.360.2±6.9660.4-0.2TUnite44Grafted anterior maxilla61.9±6.663.5±5.760.26SLA28(sandblasted, acid-etched)ISQ 65-69ISQ≧7033-1.8-3.0SLA45Anterior maxillaPosterior maxilla69.4±9.369.9±8.573.4±6.674.4±6.93.441.171.12SLA18Type 1 bone62.8±7.260.7±3.63-0.7SLA34†Mandible60.062.72.51.1SLA38Mandible65.5±5.562.8±5.41.5-1.8SLActive38(sandblasted, acld-etched, chemically modifed)Mandible64.2±5.064.1±3.51.5-0.06Impladent37(sandblasted, acld and alkali treated)ISQI 68-72ISQI ≧7270.2±1.576.7±3.171.5±1.374.8±1.32.52.50.52-0.76SPI35(sandblasted, acid etched)Type 3 boneType 4 bone73.6±5.868.9±4.374.8±5.469.9±4.3220.60.51TIOblast48(sanndb lasted)MaxillaGrafted maxilla62.3±5.160.7±6.163.9±5.561.4±5.2660.270.12Photofunctionalized surface(TiUnite, oxldized)Immediate loading, maxillaISQI, 65-70ISQI, 71-7568.4±1.573.0±1.577.5±1.478.1±2.31.51.56.33.1TABLE 3. ISQ In Diff erent Bone TypesISQBoneTypeAtPlacement*At Week 6†Type 178.6±2.077.0±0.0Type 274.1±4.578.2±1.6Type 374.0±2.578.2±3.2TABLE 4. ISQ In Groups of Diff eerent Implant LengthISQImplant Length, mmAtPlacement*At Week 6†≦11.573.6±3.677.5±3.8≧1375.6±4.278.1±1.6102

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です