デンタルアドクロニクル 2015
118/180

116臨床力アップ に直結! 話題の研修・セミナー情報!ップ ッッッッップ 講師が語る講師が語る皆川アカデミークラブ(MAC)インプラントコース「診断」と「サージカルガイド」を最重要視 インプラントは、すばらしい治療法でありながら、いまだ社会的に第一選択となる治療法とは言えません。私はその一因には、インプラントを体系的に学ぶ場が非常に少なく、歯科医師一人ひとりが手さぐりで学んでいるという現状があると考えています。成功の早道にはコーチが必要です。患者様のニーズを満たす安全で長持ちするインプラント治療を提供するには、埋入や外科基本手技などの部分的なセミナーだけでは不十分です。たとえば、インプラント周初回の適応診断からメインテナンスまで、インプラントを体系的に学ぶための2コースを用意しています。当セミナーは再受講が多いのも大きな特徴です。BasicAdvanceマネージメント咬合予防補綴矯正ペリオエンドインプラント図1 エールガイドシステムは、経験者でも初心者でも正確な埋入を可能にする。図2 マスターコース実習風景。「長期的な機能維持」を目指している。囲炎の第一の原因は咬合異常であり、ブラッシングはその次です。埋入位置を決める設計の段階からそこまで見据えることができるか否かが、トラブルのないインプラント臨床家になるための分かれ道となるでしょう(図1)。自己流では「やってはいけない危険な処置」などの重要な見極めは、いつになってもできるようにはなりません(図2)。次のステップへ!現状の治療内容の殻をやぶるための2つのコースを用意 よくあるブリッジや義歯のケースも、歯科医師側にインプラントの知識と技術があれば、インプラントの適応症になります。骨がないケースでも、条件をクリアする診断力と技術力があれば、インプラントの適応になります。 治療の選択肢を一つでも多く患者様に提示するのは、われわれの使命です。代表皆川 仁【プロフィール】1991年明海大学歯学部卒業。1995年皆川総合歯科クリニック(東京都羽村市)開業。インプラントスタディグループMAC代表。現在、神奈川歯科大学客員教授、東京SJCD・理事、日本口腔インプラント学会・会員。【連絡先】MACセミナー事務局〒205-0011 東京都羽村市五ノ神4-14-5サンシティビル2FTEL:042‐578‐8637FAX:042‐555‐9129入門コース ※4回 285,000円(税別)マスターコース ※13回 880,000円(税別)会場:皆川総合歯科クリニック(東京都羽村市)1人の患者を想定し、CT読影・診断・サージカルガイドを使った埋入・印象・咬合調整までを行う。実際のユニットを使っての臨場感ある実践的な内容。会場:ヨシダ本社セミナー室(上野)オクタゴン診断~サージカルガイドの設計・埋入・歯肉移植・CAD/CAM・補綴設計・印象・採血~再生医療・患者コンサル他、模型や豚顎骨を使って基礎から応用までを1年間で徹底マスター。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です