デンタルアドクロニクル 2015
94/180

JAID特集 鈴木仙一(Senichi Suzuki)1984年 日本大学松戸歯学部卒業1987年 ライオン歯科開業2006年 日本大学松戸歯学部臨床教授任命2012年 ICOI米国本部理事五十嵐 一(Hajime Igarashi)1987年 朝日大学歯学部卒業1990年 五十嵐歯科医院開業2010年 国際口腔インプラント学会(ICOI)アジアパシフィック地区副会長就任脇田雅文(Masafumi Wakita)1989年 日本大学松戸歯学部卒業1989年 同第一口腔外科非常勤1992年 わきた歯科医院開設2006年 日本大学松戸歯学部臨床教授任命新井聖範(Kiyonori Arai)2002年 愛知学院大学歯学部歯学科卒業2002年 大阪大学歯学部歯科補綴学第一講座入局2011年 artistic dental clinic理事長就任今井恭一郎(Kyoichiro Imai)1997年 明海大学歯学部卒業1997年 信州大学医学部附属病院歯科口腔外科勤務2006年 I DENTAL OFFICE今井歯科開設これまでのJAIDJAIDの設立岩城 2009年にUSCのジャパンプログラムが始まり、それから3年が経過してUSCのCEコースの卒業生が多りになっていくのは忍びない。これからの日本を背負っていく先生方の枠組みとして学会を立ち上げたほうがいいのではないか」という意見があり、JAID(Japanese Academy for International Dentistry)を2012年3月11日に立ち上げました。 後に、海外のUCLA、ニューヨーク大学などのさまざまなCEコースを終えた先生方も含めて、海外CEコースを卒業した先生方という枠組みで現在は活動しています。現在、会員数は180名を超えております。をうけたものを中心とした7名でインプラントを勉強するために海外で研鑽を積んでいました。当時、UCLAインプラント外科教授であったDr. Peter. K. Moy教授のところに故宇野澤秀樹先生が常勤でおられたのでよく研修に行っていたのですが、Moy教授から「SEVEN SAMURAI」と名前をいただきました。 その7名でスタートしたスタディクラブも、100数十名の規模に拡大し、Moy教授より世界的に活躍してほしいとの思いからISO(International Society of Ossointegration)と名付けていただきくなり、「1年間、日本とロサンゼルスで共に学んだ志のある仲間がまた散り散鈴木 JAIDの成り立ちをお話しさせていただくと、最初は保母須弥也先生の薫陶92

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です