Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

顎関節症・歯ぎしり 睡眠時無呼吸症候群:歯科保険請求最新情報

顎関節症・歯ぎしり 睡眠時無呼吸症候群

  • 6/13 訂正情報
  • 頁:507
  • 位置:摘要欄
  • 旧:イ.歯ぎしりに対する口腔内装置
  • 新:ロ.歯ぎしりに対する口腔内装置
  • 5/2 訂正情報
  • 頁:492
  • 位置:表中、口腔内装置、ロ 歯ぎしりに対する口腔内装置の咬合採得
  • 旧:装置の範囲に相当する歯数により少数歯57点、多数歯187点
  • 新:口腔内装置1の場合 187点
  • 頁:492
  • 位置:表中、口腔内装置、ホ 手術にあたり製作したサージカルガイドプレートの咬合採得
  • 旧:装置の範囲に相当する歯数により少数歯(1~8歯)57点、多数歯(9歯以上)187点、総義歯(全歯)283点、口腔内装置1のみ
  • 新:187点、口腔内装置1のみ
  • 頁:492
  • 位置:表中、口腔内装置、ホ 手術にあたり製作したサージカルガイドプレートの装着
  • 旧:1,530点(装着料30点を含む)。口腔内装置1、2、3にかかわらず1の点数で算定する。同一手術で複数の装置を使用する場合は2個目以降は680点(装着料30点を含む)で算定。
  • 新:口腔内装置1、2、3にかかわらず、1の1,530点(装着料30点を含む)で算定する(顎変形症等の手術のみ)。同一手術で複数の装置を使用するときの2個目以降の場合や顎変形症等以外の場合は、口腔内装置3の680点(装着料30点を含む)で算定。
  • 頁:492
  • 位置:表中、口腔内装置、リ 放射線治療に用いる口腔内装置の咬合採得
  • 旧:装置の範囲に相当する歯数により、少数歯57点、多数歯187点
  • 新:×
  • 頁:492
  • 位置:表中、睡眠時無呼吸症候群に対する口腔内装置の咬合採得
  • 旧:283点
  • 新:口腔内装置1の場合283点、口腔内装置2の場合×
  • 頁:496
  • 位置:カルテ内4/7の点数
  • 旧:42
  • 新:42+187
  • 頁:496
  • 位置:解説(3)
  • 旧:顎関節治療用装置作製時の咬合採得料は算定できない。
  • 新:顎関節治療用装置作製時の咬合採得料は口腔内装置1の場合は187点で算定できる。口腔内装置2の場合は算定不可。
  • 頁:500
  • 位置:カルテ内4/1の点数
  • 旧:42
  • 新:42の下に187を追加
  • 頁:500
  • 位置:※1
  • 旧:BTは算定できない。
  • 新:BTは算定できるようになった。
  • 頁:502
  • 位置:カルテ内10/17の点数
  • 旧:42
  • 新:42+187
  • 頁:506
  • 位置:※3
  • 旧:歯ぎしりに対する口腔内装置1の咬合採得は装置の範囲の歯数に応じて、有床義歯の咬合採得に準じて、少数歯57点、多数歯187点で算定する。
  • 新:歯ぎしりに対する口腔内装置1の咬合採得は187点で算定する。
  • 頁:508
  • 位置:カルテ内4/2の点数
  • 旧:283
  • 新:削除
  • 頁:508
  • 位置:※2の文章の後に追加
  • 旧:……準用して算定する。
  • 新:……準用して算定する。ただし、睡眠時無呼吸症候群に対する口腔内装置2の場合は咬合採得料の算定はできない。

戻る