Quint Dental Gate
Quint Dental Gate
キーワード詳細

歯科技工士のための 実践 矯正装置製作法

ページ:18
キーワード解説: 歯列矯正において、動的矯正装置によって歯や顎骨を移動させると、元の位置に戻ろうとする「後戻り」という現象が起きる。静的矯正装置とは、この「後戻り」を防止するために、移動した歯や顎骨を目標の位置にとどめ、かつ周囲組織との均衡が保たれるようにするために使用する装置であり、リテーナーともいう。静的矯正装置として用いられることが多い装置としては、ホーレーのリテーナー、ラップアラウンドリテーナー、スプリングリテーナー、インビジブルリテーナーなどが挙げられる。

戻る