Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

3ステップテクニック

【読み】:すりーすてっぷてくにっく
【英語】:three-step technique
【書籍】: QDT2017年1月号
【ページ】:48

キーワード解説:

フルマウスリハビリテーションを単純化するための方法としてVailati Fらが提唱しているもの。本法では、診断用ワックスアップが3つの基本的な要素(咬合高径・インサイザルエッジポジション・咬合平面)を考慮して、患者・歯科医師・歯科技工士の対話を通じて段階的に行われる。ステップ1では、歯科技工士は上顎唇頬側のワックスアップのみを行い、診療室では歯科医師が切縁と咬合平面の評価を行う。ステップ2では、歯科技工士は特定の臼歯咬合面にワックスアップを追加し、歯科医師は咬合平面の位置と咬合高径挙上量の承認を行う。ステップ3では、歯科技工士は上顎前歯部口蓋側にワックスアップし、歯科医師が切歯の長さと咬合高径挙上量の評価を行う。これらのステップごとにアウトカムが評価され、必要に応じ前段階で行ったことを修正しつつ、ワックスアップの進行と臨床的データの収集によって、最終的な治療計画が段階的に視覚化されていく。