Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

非歯原性歯痛

【読み】:ひしげんせいしつう
【英語】:nonodontogenic toothaches
【書籍】: ザ・クインテッセンス「YEARBOOK 2017 最新エンドのグローバルスタンダード」
【ページ】:118

キーワード解説:

歯が原因ではないにもかかわらず、患者は「歯が痛い」と感じる場合のように、一般的な表現をすると痛みの感じられる部位(site of pain)が歯であるが、痛みの原因となる部位(source of pain)とは異なる場合をいう。いわゆる異所性疼痛(ヘテロトピックペイン)とも呼ばれる。いくつかの理由で発症するが、メカニズムとしては患者が中枢性の疼痛や投影痛、また関連痛として異所性疼痛を感じている場合に分けられる。