Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

歯髄結石

【読み】:しずいけっせき
【英語】:pulp stones
【書籍】: リクッチのエンドドントロジー
【ページ】:8

キーワード解説:

 歯髄結石は,正常歯髄内でもしばしば確認される.石灰化は正常歯髄の特徴としてあり得ないとする研究者もいる一方で,退化経過であると分類している研究者もいる.歯髄内の石灰化は,正常とみなされる歯髄内に高頻度で見受けられる.しかしながら,歯髄内にわずかな石灰化がみられたからといって,他の症状や歯髄炎あるいは根尖性歯周炎の兆候がなければ,いかなる治療も行わない.歯髄結石は,同心円状の構造をしており,象牙質様構造を欠いている.これら石灰化組織の層は,壊死して石灰化した細胞を取り囲むように形成されている.歯髄結石は,象牙質壁に対して,埋め込まれたり,付着したり(付着性歯髄結石),離れて存在している.
 重要なのは,歯髄内石灰化物の存在は歯髄細胞を減少させ,歯髄の再生能力に影響を及ぼすことである.とくに,歯髄結石が根管口や湾曲歯髄内に存在している場合には,根管治療時の物理的な障害になりうる.