Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

可撤性の咬合挙上スプリント

【読み】:かてつせいのこうごうきょじょうすぷりんと
【英語】:removable bite raising sprint
【書籍】: 咬合挙上をうまくなりたい
【ページ】:46

キーワード解説:

 咬合器上で設定された咬合関係で,上顎または下顎に可撤性スプリントを製作する.これにはいわゆるふりかけ法(sprinkling method:床矯正装置の製作法)で,歯科矯正治療用のアクリリックレジンを用いる.また,床用透明レジンを加熱重合法で製作する方法もある.この可撤性の咬合挙上スプリントは,上下顎どちらに適用してもよいが,歯列に欠損部があればその部分は有床型とするので,欠損部があればそちらを優先してスプリントを適用する.