Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

単純RAP法

【読み】:たんじゅんらっぷほう
【英語】:simple Regional Acceleratory Phenomenon
【書籍】: 生体にやさしい戦略的矯正歯科治療と歯科矯正用アンカースクリューの応用
【ページ】:78

キーワード解説:

 RAPとは局所再生促進現象。軟組織や硬組織に破折、衝撃による損傷などが発生する場合、これによって誘発される刺激により、その組織の代謝作用が増加する現象である。単純RAP法は、歯の移動速度を早くするため、歯槽骨に傷をつけ骨代謝を上げる方法である。歯科矯正用アンカースクリューを利用した方法の場合、アンカースクリューを移動させたい歯の周りの歯槽骨に通常3~6か所、埋入したり除去したりする。つまり、その周囲の歯槽骨を抜歯直後の状態のようにするのである。このときRAP効果を最大限にするため、頬舌側の両側で行うことが望ましい。