Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

ストレスホルモン

【読み】:すとれすほるもん
【英語】:stress hormone
【書籍】: nico 2018年 7月号
【ページ】:26

キーワード解説:

 ストレスホルモンとは、ストレス刺激によって体内に放出され、ストレス反応を引き起こすホルモンの総称。ストレスホルモンには、下垂体前葉ホルモンである副腎皮質刺激ホルモン、プロラクチン、また、下垂体後葉ホルモンであるバゾプレシン、オキシトシン、副腎皮質から分泌されるコルチゾール、レニン、そして副腎髄質から分泌されるアドレナリン、ノルアドレナリンなどがある。
 これらのストレスホルモンの分泌は、咀嚼による刺激が脳に伝わることにより抑制され、血中濃度が下がることが知られている。大音量の不快な音を聴きながらガムを噛む実験では、ストレスホルモンの血中濃度が有意に下がるとともに、不快感に関与する脳の扁桃体や前頭前野の活動が抑制されることも明らかになっており、健全な咀嚼によるストレスコントロール効果が現在注目を浴びている。