Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

小児の隣接面う蝕

【読み】:しょうにのりんせつめんうしょく
【英語】:proximal surface caries of child
【書籍】: 子どもたちの歯と歯列の成長を守るメインテナンス術
【ページ】:36

キーワード解説:

 小児におけるう蝕好発部位のひとつが隣接面である。乳歯の隣接面の初期う蝕は視診で発見しやすく、永久歯でもエックス線診査によって確認が容易なため、見逃すリスクはそれほど高くない。
 診査方法としては、視診では辺縁隆線のエナメル質下に変色を見つけることができる。また、デンタルフロス使用時に面が荒れてばらけることがあれば、隣接面う蝕の可能性があると考えられる。
 小児のもうひとつのう蝕好発部位である裂溝におけるシーラントのように、填塞やコーティングする予防処置を行うのは現実的ではないため、最大の予防法は、患者の甘味制限とフロス使用の定着となっている。発見よりも予防の難しいう蝕といえる。