Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

アイスペシャルC-III

【読み】:あいすぺしゃるしーすりー
【英語】:EyeSpecial C-III
【書籍】: デジタル対応で学ぶ! 歯科医師・歯科技工士必携 シェードテイキング超入門
【ページ】:102

キーワード解説:

 アイスペシャルC-IIIとは、松風社が製造・販売する歯科用カメラ。山本眞氏(歯科技工士、M. YAMAMOTO CERAMIST’S INC.)が、臨床現場で誰でも簡単に活用できるカメラをコンセプトに開発を続けてきたカメラの5世代目にあたるモデルである。本機は、撮影の目的に応じたシャッタースピード、F値、ISO感度、ホワイトバランスなどがカメラ側に最初から設定してあり、各種モードを選択してカメラに表示されるガイドにしたがって撮影することで誰でも均質な臨床の記録やシェードの伝達が行える。また、フラッシュは「FM調光」機構で制御される。これは通常のカメラのTTL調光(被写体から返ってくる反射光をフィードバックしてストロボの発光量を変える)ではなく、被写体とフラッシュの距離を基に絞りを変化させる「フラッシュマチック方式」であるため、白い歯を撮影したときに暗くなってしまうといった失敗が生じない。