Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

ソフトティッシュパンチテクニック

【読み】:そふとてぃっしゅぱんちてくにっく
【英語】:soft tissue punch technique
【書籍】: 3Dイラストで見るペリオドンタルプラスティックサージェリー インプラント・ポンティック編
【ページ】:29

キーワード解説:

 軟組織の保存を目的とした術式。まず歯肉パンチを用いて口蓋の供給部位から直径6~8mm、厚さ2mm程度の上皮付き結合組織を移植片として採取する。抜歯窩の内側歯肉の上皮を削除した抜歯窩創縁部と適合させ、移植片の6~10か所ほどを拡大視野下にて緊密に縫合していく。上皮付きの移植片を使用する利点としては、上皮の剛性が移植片の安定を高めるとともに結合組織部の壊死を防ぎ、抜歯窩への縫合を容易にすることが挙げられる。