Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

間接覆髄

【読み】:かんせつふくずい
【英語】:indirect pulp capping
【書籍】: 治る歯髄 治らない歯髄
【ページ】:124

キーワード解説:

 直接覆髄と同じ歯髄保護の手法で、外来刺激の遮断と、歯髄の炎症を鎮めたり第三象牙質の形成を促すことを目的とする。間接覆髄にはシールドレストレーションとステップワイズエキスカベーションがあり、前者は歯髄に近いう蝕を残存させ、その他の部位のう蝕を完全に除去し、最終修復する方法、後者は歯髄に近いう蝕を残存させ、その他のう蝕を完全に除去した後、すぐに最終修復を行わず、残存させたう蝕の上に薬剤を貼付し、仮封を行う。残存させたう蝕が硬化することを期待して数か月後にリエントリーし、硬化しなかったう蝕を完全に除去して最終修復する方法。