Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

Hämmerleのインプラント埋入のタイミングの分類

【読み】:へんめるのいんぷらんとまいにゅうのたいみんぐのぶんるい
【英語】:Hämmerle’s implant placement protocol
【書籍】: Quintessence DENTAL Implantology 2019年 No.1
【ページ】:106

キーワード解説:

 2004年にHämmerleは、インプラント埋入のタイミングについて報告した。硬・軟組織の状態によって抜歯即時埋入、早期埋入、遅延埋入、待時埋入の4つのタイミングに分けられる。
 抜歯即時埋入(immediate implant placement)は、抜歯当日の埋入を指す。早期埋入(early implant placement)は、抜歯後4~8週に軟組織のみの治癒を待って埋入を行う術式を指す。遅延埋入(delayed implant placement)は、抜歯後3~4か月で、軟組織と一部の骨組織の治癒を待って埋入を行う術式を指す。待時埋入(late implant placement)は、抜歯4か月後以降、典型的には6か月以降の完全な骨の治癒を待って埋入を行う術式を指す。