Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

ウォーキングプロービング

【読み】:うぉーきんぐぷろーびんぐ
【英語】:walking probing
【書籍】: ペリオドントロジー&ペリオドンティクス 下巻
【ページ】:16

キーワード解説:

 プローブの先端を根面に沿わせながら上下に1~2mm程度動かしながら近遠心方向に少しずつ動いて測定することで、ポケット内の状態が把握できる測定方法。上下に動かす際は、プローブがポケットから出ないようにする。また、どのような場面のプロービングでも、必ずウォーキングプロービングを行う。この動きがあって初めてエックス線写真がより立体的にイメージでき、1本1本の歯の状態を把握することができる。さらに、この動きによって、根面の性状、歯石の付着状況、歯肉の抵抗性なども把握できる。