Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

歯科関連スタディグループ

歯科関連スタディグループ

北海道・東北地方 北海道   青森県   岩手県   宮城県   秋田県   山形県   福島県  
関東地方 茨城県   栃木県   群馬県   埼玉県   千葉県   東京都   神奈川県  
甲信越・北陸地方 新潟県   富山県   石川県   福井県   山梨県   長野県  
東海地方 岐阜県   静岡県   愛知県   三重県  
近畿地方 滋賀県   京都府   大阪府   兵庫県   奈良県   和歌山県  
中国・四国地方 鳥取県   島根県   岡山県   広島県   山口県   徳島県   香川県   愛媛県   高知県  
九州・沖縄地方 福岡県   佐賀県   長崎県   熊本県   大分県   宮崎県   鹿児島県   沖縄県  

[新潟県]

  • ◆ND(Niigata Delta)の会
    加藤 英敏
    〒959-3133 新潟県村上市山口468-1
    加藤歯科クリニック内
    TEL:0254-50-5115 FAX:0254-50-5116
    会員の症例報告を通じて、臨床レベルアップを図る。
  • ◆特定非営利活動法人 日本ベッグ矯正歯科学会
    亀田 晃
    〒950-3304 新潟県新潟市北区木崎2341-13
    医書出版(有)学会センター
    TEL:025-388-3359 FAX:025-388-3401
    単純化した矯正装置、矯正治療期間の短縮化、チェアタイムの短縮化、患者の協力最小限(ミニマムディスコンフォート)最大の術後安定性を目指した矯正治療方法の確立と普及。 <学会開催>第34回(特非)日本ベッグ矯正歯科学会学術大会 2012年9月17日(月・祝) 於:新潟県歯科医師会館
  • ◆新潟SJCD
    山添清文
    〒959-1261 新潟県燕市秋葉町1-8-11
    細山歯科医院内
    担当者:高森 愛子
    TEL:0256-63-2553 FAX:0256-62-5125
    先端的医療機器と先進的治療技術が急速に進展し、歯科医療体系が大きく変転している現在、流されず停滞もせず、全会員で着実に歯学理論、技術研鑚の例会を実施。
  • ◆新潟顎偏位症研究会
    加藤 仁市
    〒951-8068 新潟県新潟市上大川前通5-64-1
    コープシティ上大川前103 
    TEL:025-224-8130 FAX:025-224-8130
    口腔機能が全身に与える影響の大きさを確認し、発現症状の多様性に適格に対応し、治療結果の向上を目的としている。
  • ◆新潟再生歯学研究会
    倉嶋 敏明
    〒950-1203 新潟県新潟市南区大通黄金3-4-38
    北陸黄金ハイツF101 
    担当者:中村
    TEL:025-374-4897 FAX:025-374-4898
    毎年、日本口腔インプラント学会認定講習会を開催している。
  • ◆新潟二火会
    齋藤 憲
    〒950-0915 新潟県新潟市鐙西1-10-15
    石黒ビル2F 宮本歯科医院
    担当者:宮本 重雄
    TEL:025-243-3433 FAX:025-243-3403
    EBM・NBM両方を大切にし、そのバランスの中から「患者さんに優しい歯科医療をいかに実践するか」をテーマとして、月1回の症例検討と抄読会、及び年1回のスタッフ研修会を行っている。
  • ◆二季会
    齋藤 憲
    〒950-3376 新潟県新潟市北区早通北4-6-31
    ほんま歯科医院内
    担当者:本間 彰一
    TEL:025-386-1115 FAX:025-386-1192
    EBMに基づき、またNBMを尊重し、「患者さんにとって最小の治療による最大の効果は何か」を常に考え、いかに診療室で実践しているか。
  • ◆無門塾
    倉嶋 敏明
    〒952-1552 新潟県佐渡市相川一丁目裏二
    渡部歯科医院
    担当者:渡部 守
    TEL:0259-74-2134 FAX:0259-74-2134
    各人がテーマをもち、一口腔を一単位として把握したうえで、包括的に施術した症例を発表しています。
  • ◆臨床検討会
    加藤 仁市
    〒951-8068 新潟県新潟市上大川前通5-64-1
    コープシティ上大川前103 
    TEL:025-224-8130 FAX:025-224-8130
    症例と共に器具、材料などの検討を多角的におこない、習熟することにより、臨床成績の向上を目指している。
出典:「クイント DENTAL GUIDE DIARY 2017」より一部改変