歯学図書目録2017
154/184

ザ・クインテッセンス別冊 雑誌/別冊歯科保存歯科補綴歯科矯正/予防歯科口腔外科/口腔診断歯科臨床一般基礎歯科医学医療管理患者教育/待合室図書歯科衛生士教本・試験問題集雑誌/別冊辞書・辞典・便覧映像ソフト151●A4判変型 174ページ●本体5,500円 (税別)13290マイクロスコープ、CBCT、Ni-Ti製ファイル、MTAといった最新器材の導入と「pulp revascularization」の概念や歯の保存、minimal interventionの浸透などもあって、本邦の歯内療法事情は劇的に変化しつつあるなか、2013年5月末に行われた「第9回世界歯内療法会議」の内容を可能な限り採録。基礎・臨床面双方の切り口から、世界の歯内療法の潮流がこれ1冊で理解できる。今、話題の「pulp revascularization」も収録。ISBN978-4-7812-0354-6YEARBOOK 2014 今だからこそ押さえておきたい! 世界の歯内療法の潮流第9回世界歯内療法会議の主な演題から805586ザ・クインテッセンス編集部=編2014 / 1発行●A4判変型 178ページ●本体5,500円 (税別)12690MIの風潮から歯の保存が強く意識されてきた昨今、日常臨床の現場では歯内療法における、診断・コンサルテーション・テクニック・使用マテリアル等のノウハウが改めて見直されている。本誌はそれを15名の著名臨床家・大学人が詳説した1冊なっており、その基調論文として「最新歯内療法のグローバルスタンダード」も解説。さらに、特別付録として「第2回クインテッセンス論文奨励賞」受賞論文を2本掲載。ISBN978-4-7812-0297-6YEAR BOOK 2013 日常臨床で必ず使える!歯内療法克服の一手歯を保存する診断,テクニック,マテリアルのすべて2013 / 1発行805527ザ・クインテッセンス編集部=編●A4判変型 210ページ●本体5,600円 (税別)12120日常臨床で迷う修復と補綴のボーダーラインについて、診断・コンサルテーション・テクニック・使用マテリアル等のノウハウを14名の著名臨床家・大学人が詳説した1冊。基調論文としてコンポジットレジン修復の成功と失敗の基準の解説、また、海外文献の要約も収載。特別付録として「第1回クインテッセンス論文奨励賞」受賞論文を3本掲載。ISBN978-4-7812-0240-2YEAR BOOK 2012 ここまで使えるコンポジットレジン修復・補綴のボーダーラインを探る2012 / 1発行805474ザ・クインテッセンス編集部=編●A4判変型 224ページ●本体6,000円 (税別)14230次代に役立つ情報発信をめざした巻頭企画「10年先を見据えて 口腔外科医療のパラダイムシフト」では、「超高齢社会に対応する歯科・口腔外科医療への提言 −口腔の健康が健康寿命を延ばす−」「口腔外科が育むオーラルヘルスケア −その理解と推進のために−」「顎変形症治療の現状と展望」「感染対策を再考する」の4特集を掲載。本格的な超高齢社会を迎え、新時代に対応した発想とスキルが求められるなかで、その習得に役立つ必携の一冊。ISBN978-4-7812-0447-5口腔外科YEAR BOOK一般臨床家、口腔外科医のための口腔外科ハンドマニュアル ’15805677日本口腔外科学会=編 栗田賢一/瀬戸晥一/木村博人/今井 裕/柴原孝彦/福田仁一/山根源之/野間弘康/朝波惣一郎=編集委員2015 / 8発行●A4判変型 208ページ●本体6,000円 (税別)13550巻頭で「10年先を見据えて 口腔外科医療のパラダイムシフト」と題し、口腔外科より広く歯科界の発展と現場臨床に役立つ情報を発信する新企画をスタート。今回は「口腔がん −早期発見とその対応はすべての歯科医師の責務である−」「口腔内科の普及に向けて −その実践と課題−」「埋伏智歯の抜歯術を再考する −求められる知識とテクニック−」の3大特集を掲載した。次代に向けた歯科・口腔外科のUp to Dateな情報を習得できる必読書である。ISBN978-4-7812-0380-5口腔外科 YEAR BOOK一般臨床家、口腔外科医のための口腔外科ハンドマニュアル ’14805611日本口腔外科学会=編 栗田賢一/瀬戸晥一/木村博人/今井 裕/福田仁一/山根源之/野間弘康/朝波惣一郎=編集委員2014 / 7発行●A4判変型 224ページ●本体6,000円 (税別)13020昨今のインプラント治療によるトラブル等の報道を受け、巻頭の特集1で病態生理、画像診断、適応基準、材料学、周囲炎の対応などインプラントの基本的な知識を見直すとともに、特集2では術後の知覚障害などコンプリケーションへの対応を詳述した。また、高齢者に多いとされる習慣性顎関節脱臼への適切な対応のために、特集3で顎関節疾患に対する各種外科的アプローチの概要を取り上げた。現場臨床に役立つ最新情報満載の一冊。ISBN978-4-7812-0327-0口腔外科 YEAR BOOK一般臨床家、口腔外科医のための口腔外科ハンドマニュアル ’132013 / 8発行805559日本口腔外科学会=編 栗田賢一/福田仁一・他=編集委員

元のページ 

page 154

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です