歯学図書目録2017
164/184

歯科保存歯科補綴歯科矯正/予防歯科口腔外科/口腔診断歯科臨床一般基礎歯科医学医療管理患者教育/待合室図書歯科衛生士教本・試験問題集雑誌/別冊辞書・辞典・便覧映像ソフト161歯科衛生士別冊 雑誌/別冊●A4判変型  88ページ●本体3,200円  (税別)6764臨床実践の立場からプロフェッショナル・ケアの中のPMTCを「口腔健康維持のために術者がプラークの付着しにくい環境を作ることを目的とした処置」という観点からとらえ、PMTCの臨床で幅広い応用の仕方、また様々な状況、症例に応じたPMTCを行う際に必要な着眼点、術上の注意点などを幅広く網羅。個々に応じた適切なケアの提供に必要な「応用力」を養うための実践書として歯科診療室必携の一冊。ISBN978-4-87417-698-6ワンランクアップ・PMTC2001 / 9発行804577伊藤公一=監修 土屋和子/村上恵子/安生朝子=編集在庫僅少●A4判変型  128ページ●本体4,300円  (税別)6357ホームケアをテーマに、予防歯科のキーワードである「ライフステージ」「口腔リスク」をおさえた新しいホームケア指導の観点からプラークコントロールの基本的知識、および家庭でのプラークコントロールを分類するとともに、最新のホームケア製品(歯科医院専売品)のすべてがわかるように構成。臨床にすぐに役立ち、新人、ベテランを問わず最新ホームケアのポイント、それに伴う器具処方のすべてに関する情報収集を可能とした。ISBN978-4-87417-655-9プラークコントロールのためのホームケア指導口腔リスクとライフステージに応じた最新処方2000 / 8発行804544荒川浩久=監著 遠藤圭子/川口陽子/品田佳世子・他=著●A4判  112ページ●本体3,500円  (税別)5850歯根面う蝕の疫学、原因、リスクファクターなどの基本知識および予防処置法を豊富な実例集とともにに網羅した。さらに歯根面う蝕を中心に歯頸部周囲の欠損に関して、その病因と予防方法の実証された明らかな部分とそうでない部分を整理し、将来の歯根面う蝕の動向を考察することに主眼を置いた。ISBN978-4-87417-608-5これ一冊でわかる歯根面う蝕のすべて─21世紀のカリオロジー戦略─1999 / 1発行804395眞木吉信=監修在庫僅少●A4判変型  100ページ●本体3,000円  (税別)5730口腔ケアを「治療」「予防」「専門領域」の3つの視点からとらえ、日常臨床のクリニカルポイントとしてまとめた。第一部では診療室での「体系的なう蝕のあり方」を、第二部では「長期的な予後を考慮したインスツルメンテーション」を、第三部ではより深く専門性を追求するという観点から補綴、矯正、顎関節症、インプラント治療、有病者治療などの専門領域からのポイントを解説。ISBN978-4-87417-592-7実践・予防と治療のための口腔ケア─領域別クリニカルポイント─1998 / 8発行804383熊谷 崇/岡本 浩/土屋和子・他=著在庫僅少●B5判  92ページ●本体3,300円  (税別)5391現在、歯科医療界では高齢者、慢性疾患患者への対応がクローズアップされてきている。それに伴い歯科衛生士も歯科領域のみならず、医科との関連知識も身につけておくことが必要である。そこで本書では高齢者、慢性疾患患者への薬の投与方法をわかりやすく説明する。ISBN978-4-87417-555-2これ一冊でわかる歯科に関連する薬の知識─高齢社会に備えて─1997 / 9発行804360岡部栄逸朗=監著在庫僅少●B5判  112ページ●本体2,816円  (税別)5122日常臨床の中で、歯科保健指導の適切な参考書として役立つ。フッ化物を臨床応用する際に、迷うことなくその応用法を選べ、わかりやすく解説。第1部ではフッ化物の基礎知識、第2部から第4部ではフッ化物の応用をホームケア、プロフェッショナルケア、パブリックケアに分けて、歴史的背景から具体的な実施方法まで記述している。巻末には「フッ化物応用に関するQ&A」「もっと詳しく知りたい人のための資料」を付けた。ISBN978-4-87417-514-9これ一冊でわかるフッ化物の臨床応用 ─ホームケアとプロフェッショナルケアのすべて─1996 / 8発行804323可児瑞夫=監修

元のページ 

page 164

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です