歯学図書目録2017
77/184

歯科保存歯科補綴歯科矯正/予防歯科口腔外科/口腔診断歯科臨床一般基礎歯科医学医療管理患者教育/待合室図書歯科衛生士教本・試験問題集雑誌/別冊辞書・辞典・便覧映像ソフト74口腔外科/口腔診断 口腔診断●A4判 196ページ●本体9,500円 (税別)10721本書は読者が紙面上の30症例を自分で1つずつ読影していくうちに、読影力のみならず、それらを「どう診断し、どんな治療を何から優先して行うべきか、術中何を注意すべきか、また治療中・後に予測される事態、予後などに関し患者さんに事前に何を伝えるべきか」=「総合臨床力」が自然と身につくよう構成されているのが特徴。臨床経験の少ない若手臨床医でも齲蝕、歯内病変、歯周病変など臨床で必ず遭遇する症例を疑似体験できる。ISBN978-4-7812-0097-230症例で学ぶ エックス線診断を100%臨床で活用するにはう蝕、根尖病変、歯周病の読み方と治療方針2009 / 9発行805346上田秀朗/甲斐康晴=監著 北九州歯学研究会若若手会=著●B4判 320ページ●本体48,000円 (税別)10550本書は、23年前発行された書籍の復刻版ですが、初版時よりも本書の内容と歯科事情がマッチしているのに驚かされます。本書で扱っている解剖学は、たとえ100年経過しても大きく変化することはなく、平面的なレントゲン像であってもつねに立体的構造をイメージしレントゲンを見ることを繰り返し、3次元的なレントゲンの見方を解りやすくしています。矯正治療・インプラント治療に欠かせない一冊です。ISBN978-4-7812-0079-8カラーアトラス X線解剖学とセファロ分析法2009 / 6発行805329宮下邦彦=著在庫僅少●A4判変型 92ページ●本体6,000円 (税別)10210<基礎編>では、デンタルCTのメリットを明らかにするとともに、上下顎の各断層面における画像の映り方をわかりやすく図解した。<臨床編>では、パノラマおよびデンタルエックス線写真では診断困難な症例を取り上げ、それぞれがデンタルCT画像でどのように映し出され、その結果診断や処置を行う上でどう役立ったかを見開き単位で紹介。日常臨床で遭遇する外科症例を中心に掲載した。一般臨床医が安心・納得するための実例集である。ISBN978-4-7812-0041-5デンタルCTで読み解く症例の真実誤診回避のための3D画像診断2008 / 11発行805296鎌田 仁/稲垣将文=共著●A4判変型 96ページ●本体7,000円 (税別)9341現在、口腔癌検診はその必要性は認識されながら、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、子宮癌の検診ほど普及していない。本書では、口腔癌検診普及の必要性と根拠を訴えるとともに、筆者らが地域の歯科医師会や自治体と連携して行っている口腔癌検診の実例に加え、発癌のメカニズム、病理、検査法、治療例、知っておくべき口腔粘膜疾患、予防法を解説する。ISBN978-4-87417-958-1口腔がん検診 どうするの、どう診るの─早期発見・早期治療を目指して─2007 / 5発行805207柴原孝彦/片倉 朗=編著●A4判変型 160ページ●本体8,000円 (税別)9150エックス線写真読影のコツや勘所、診断への手がかりを、日常臨床で遭遇するさまざまなケースを挙げながらわかりやすく図解した実例集。第Ⅰ部では各種エックス線写真の正常像を紹介するとともに、「う蝕」「歯髄疾患」「歯周疾患」「智歯」「インプラント埋入」などにおける読影のポイントを、第Ⅱ部では口腔外科領域における疾患を症状別に分け(51症例)、CTやMRIなどを含めたエックス線検査から鑑別診断、処置の概要までを解説した。ISBN978-4-87417-938-3症状からみた歯科エックス線写真読影のポイント2006 / 12発行805186有地榮一郎/大関 悟/下郷和雄/湯浅賢治=著●A4判変型 120ページ●本体6,000円 (税別)8752口腔内に問題を抱えた高齢者は少なくない。その問題の1つが口腔癌やカンジダ症、口内炎などの口腔粘膜疾患である。本書は、口腔粘膜の異変に出会った際それが「異常なのか正常なのか」「どのような疾患なのか」「どのくらい異常なのか」、そして「どのような対処が望ましいのか」がわかるよう、アトラス形式で平易かつ明確に解説している。高齢社会を迎えた今、チェアサイドや介護の現場できっと重宝されるに違いない1冊である。ISBN978-4-87417-898-0チェアサイド・介護で役立つ 口腔粘膜疾患アトラス〜どこで見わけて、どう対応?〜2006 / 3発行805141中川洋一=著

元のページ 

page 77

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です