Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2012年3月11日

JAED設立総会開催

USC、UCLA両ジャパンプログラム卒業生が集結

 さる3月11日(日)、学士会館(東京都)において、JAED(Japanese Academy for Excellence in Dentistry、宇田川宏孝会長)設立総会が、約100名のUSC(南カリフォルニア大学)、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)両ジャパンプログラム卒業生を集め、盛大に開催された。本会は、(1)卒後研修を通じて技能を高める(学術的向上)、(2)米国をはじめとする海外との歯科交流の窓口となる(海外学習の機会提供)、(3)歯科医師の社会的・経済的成功をサポートする(経済的成功)、の3項目の全会員の達成を目指している。

 午前は、Prof. Homayoun H. Zadeh(USC准教授)が、JAED設立を記念し、前庭切開骨膜下トンネルアクセス法(Vestibular Incision Subperiosteal Tunnel Access:VISTA)についてWEB講演を行い、清水藤太氏(USC准教授、JAED顧問)が会場内にて逐次通訳した。

 午後は、JAED設立総会後、ケースプレゼンテーションとして、鈴木仙一氏(USC客員臨床教授、JAED顧問)、五十嵐 一氏(USC客員臨床准教授、JAED顧問)、脇田雅文氏(USC客員臨床准教授、JAED顧問)、小林祐之氏(JAED専務理事)、庄野太一郎氏(JAED副会長)がそれぞれ講演し、最後に佐藤明寿氏(USC客員研究員)が2012年1月に米国はロサンゼルスにて行われた「37th Annual USC International Periodontal & Implant Symposium」の講演内容を英語でのスピーチで再演した。