Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2017年11月25日

第36回日本接着歯学会学術大会が開催

「審美を支える接着歯学のVision and Action」をテーマに350名が参集

 さる11月25日(土)、26日(日)の両日、タワーホール船堀(東京都)において、第36回日本接着歯学会学術大会(宮崎真至大会長、矢谷博文理事長)が「審美を支える接着歯学のVision and Action」をテーマに開催され、歯科医師ら350名が参集し、盛会となった。本大会では2日間にわたり、特別講演、一般口演、ポスター発表、企業展示などが行われ、参加者、発表者による活発な情報交換がなされた。

 なかでも2日目の午前には矢谷理事長(阪大教授)の座長のもと、特別講演2として本学会会員でもある土屋賢司氏(東京都開業)が「The Key to Success of Esthetics in Bonded Restorative Treatment」と題し登壇。その繊細な治療技術に定評のある土屋氏が、審美修復治療を成功に導くためのポイントについて、主にポーセレンラミネートベニアの症例を中心に解説。Minimal Interventionの概念が浸透し、天然歯保存への志向が高まる現在、機能面を考慮したうえでいかに歯質の削除量を少なくするか、そのための支台歯形成や接着の重要性について述べた。最後に、接着歯学の分野で日本の研究や製品が世界をリードしていることから、大学と一般臨床家がコラボレートしていくことが、患者へのより良い歯科医療の提供につながるとした。

 なお、次回の第37回学術大会は、きたる2018年11月10日(土)、11日(日)の両日、日本歯科大学新潟生命歯学部(新潟県)において、新海航一大会長のもと開催予定。