Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2017年12月25日

サンスターと富士通、IoTとクラウドのコラボで予防歯科を啓発

記者発表会に多数のメディアが参集し、関心集まる

 さる12月25日(月)、富士通汐留本社(東京都)において、サンスターグループオーラルケアカンパニー(以下、サンスター)と富士通株式会社による記者発表会が開催された。本発表会は、サンスターと富士通が、IoTスマートハブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」と富士通の歯科医院向けクラウドサービスを連携させた先進予防歯科サービスを同日から販売、2018年1月31日より提供を開始するにあたり、メディア向けに開催したもの。

 本サービスは、サンスターのIoTスマートハブラシに蓄積された毎日の歯みがき情報と、富士通の歯科医院向けクラウドサービスに集約された歯科医院での患者さんの口腔情報(口腔内写真やレントゲン写真など)を連動させるもの。これにより、患者さんの日々のホームケアの状況が"見える化"されることで、プロフェッショナルケアを行う歯科医師や歯科衛生士はより効果的な歯科保健指導が可能になり、また患者さんの積極的な予防歯科の行動変容を促進させるツールとして継続的なホームケアが可能となる。

 開会後、本サービスを先行導入した予防歯科領域で著名な熊谷 崇氏(山形県開業)による講演「口腔から全身の健康へ向けた先進的な取り組み」に引き続き、淡島史浩氏(サンスターグループオーラルケアカンパニーマーケティング部統括部長)と山田直樹氏(富士通第二ヘルスケアソリューション事業本部ビジネス戦略統括部新ビジネス推進室室長)より、サービス概要について説明がなされた。

 現在、すでに約50の予防型歯科医院(http://www.c-gear.net/で検索可能)で利用されており、両社は2020年までに約500の歯科医院へのサービス導入を目指すとのこと。

 口腔の健康と全身の健康の関係性が注目され、国民の予防歯科への関心が高まるなか、オーラルヘルスケア分野におけるグローバル企業のサンスターと国内ITサービス市場の最大手の富士通がタッグを組んだ本サービスは、予防歯科のさらなる普及につながることが期待される。今後の展開に注目したい。