Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2018年1月6日

第29回ヨシダユーザーミーティング開催

 さる1月6日(土)、7日(日)の両日、株式会社ヨシダ本社(東京都)において、第29回ヨシダユーザーミーティングが開催された。例年はCTを中心としたものであったが、今回はCTだけでなく、CAD/CAM、レーザー・マイクロスコープ・エムドゲインのセミナーも併催となった。

 初日はCTユーザーミーティングのみが行われ、2日間を通じて座長を務めた小宮山彌太郎氏(東京都開業)の「ブローネマルク・フィロソフィー CT画像の必要性」と題した基調講演で始まった。その後、榊 恭範氏(福岡県開業)、船登彰芳氏(石川県開業)、石井 宏氏(東京都開業)、上田秀朗氏(福岡県開業)、瀧野裕行氏(京都府開業)、椙岡宣好氏(石川県開業)、松本勝利氏(福島県開業)が登壇した。

 2日目のCTユーザーミーティングでは、麻生幸男氏(静岡県開業)、小川秀仁氏(埼玉県開業)、佐藤弘樹氏(秋田県開業)、小窪秀義氏(宮崎県開業)、添島正和氏(熊本県開業)、山田陽子氏(東京都開業)、林 揚春氏(東京都開業)、佐藤孝弘氏(新潟県開業)、寺内吉継氏(神奈川県開業)、中村社綱氏(熊本県開業)、山崎長郎氏(東京都開業)、筒井照子氏(福岡県開業)が講演を行った。

 別会場では午前にCAD/CAMセミナーが行われ、伊藤貴彦氏(東京都開業)、小窪秀義氏(宮崎県開業)、新屋茂樹氏(歯科技工士・なぎさ歯科クリニック)、小池軍平氏(神奈川県開業)、小濱忠一氏(福島県開業)が講演を行った。また、午後にはレーザー・マイクロ・エムドゲインセミナーが行われ、青井良太氏(東京都開業)、山下素史氏(福岡県開業)、白石和仁氏(福岡県開業)、船越栄次氏(福岡県開業)が講演を行った。

 山崎氏は最新のデジタル機器を活用した上部構造の製作などについて講演を行い、その中で「歯科におけるCBCTの臨床応用が始まって10年以上が経過し、CT画像による3D画像診断は歯科診療に大きな変革をもたらした。そして、口腔内スキャナーという新たなデジタル機器も登場した。今後の歯科のテーマとしてデジタルとアナログのフュージョンが挙げられるが、まだ踊り場である」とした。それを受け最後のディスカッションでは、中村氏は「新しい機器によって診療のワークフローが大きく変わりつつある。今後も目が離せない」としたが、同時に小宮山氏は「新技術の導入には慎重な姿勢で取り組んでほしい」と警鐘を鳴らし、閉会となった。