Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2018年6月2日

2018九州デンタルショー開催

「白い歯・見つめる未来」をテーマに12,167名が来場

 さる6月2日(土)、3日(日)の両日、マリンメッセ福岡(福岡県)において、「2018九州デンタルショー」((一社)福岡県歯科医師会、福岡県歯科用品商組合主催、(一社)福岡県歯科技工士会、(一社)福岡県歯科衛生士会、九州歯科用品商協同組合協賛、(一社)日本歯科商工協会、日本歯科用品商協同組合連合会後援)が「白い歯・見つめる未来」をテーマに開催された。本デンタルショーは2日間にわたり、12,167名(内訳:歯科医師4,005名、歯科技工士1,657名、歯科衛生士2,534名、歯科助手1,207名、商工業者2,764名)の歯科関係者が来場した。

 研修・デモ会場では2日間にわたり、歯科界におけるトピックがテーマとして取り上げられた26題が行われ、立ち見となる講演会も見られた。また、今回は初の試みとして福岡県歯科医師会主催による平成30年度歯科診療報酬改定にともなう「新施設基準対応講習会」では多数の受講者が詰めかけ、来場者の関心を集めていた。

 本年度は出展企業数も昨年度より7社増加し、過去最大規模となっており、出展企業の展示ブースでは、IT技術を駆使した体験コーナーや歯科医療機器が多く設置され、終日にぎわいを見せていた。また、運営スタッフによるインターネットの特設サイトや各出展企業を紹介するSNSを活用したリアルタイムの情報発信は前回よりさらに充実度が増し、たいへん好評となっていた。

 なお、次回はきたる2019年5月25日(土)、26日(日)の両日、同会場において開催される予定である。