Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2018年7月1日

日本臨床歯科医学会東京支部、2018年度 第1回ステップアップミーティングを開催

 さる7月1日(日)、お茶の水ソラシティ カンファレンスセンター(東京都)において、日本臨床歯科医学会東京支部による「ステップアップミーティング」が開催され、100余名が参集した。

 加部聡一氏(東京都開業)が座長を務め、井関真良氏(東京都勤務)、雨宮 啓氏(神奈川県開業)、町田真吾氏(東京都開業)より、それぞれ「MTAセメントの可能性を感じた一症例」「咬合高径の確保にインプラントを用いた補綴修復治療」「エステティックエリアにおけるインプラントのリスクマネージメント」について、ケースプレゼンテーションが行われた。

 本会で注目したいこととして、上記の講演に先立ち、参加者の診断力向上をめざした「プレセッション」が午前中に行われている。

 プレセッションには職種や経験を問わず参加できる。参加者には口腔内写真とパノラマX線写真のみが示され、そこから症例の問題点を見出し、精査が必要な部分、病因論、治療計画について少人数のグループでディスカッションを行ってもらう。プレセッションに用いられた症例は午後のケースプレゼンテーションで提示されるものであり、参加者はプレセッションで自身が検討したことをふまえて講演を聴くことができる。

 最後に特別講演として宇毛 玲氏(東京都開業)より「硬組織のマネージメントの基礎と応用」をテーマに、硬組織増生の各手順とその要点についてていねいな解説が行われた。それぞれの講演後には活発な意見交換が交わされ、原田和彦氏(東京都開業、東京SJCD会長)の総括により締めくくられた。