Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2018年11月3日

第9回Shurenkai SOUKAI 2018盛大に開催

「主役は、『あなた』たちです。」をテーマに160名が参集

 さる11月3日(土)、今池ガスホール(愛知県)において、第9回Shurenkai SOUKAI 2018(中村健太郎主宰)が、約160名の参加者を集めて盛大に開催された。大会テーマは、「主役は、『あなた』たちです。」であり、これは歯科医師だけでなく、歯科衛生士・歯科技工士・歯科助手・受付など歯科医院のスタッフ全員によるチームアプローチがあって初めて、患者に良質な歯科医療を提供できることを再認識しようという意味合いをもつ。

 当日はまず、主宰の中村氏(愛知県開業)による総会プロローグ「Dental Cure/Dental Comfortに取り組む」で幕を開けた。講演では、「Dental Cure:患者さんの主訴を取り除くこと、障害を解消すること、Dental Comfort:患者さんの苦痛や不安を取り除くこと」の解説をしたうえで、「院長一人でこれを実現することは不可能であり、チームアプローチがあってこそ達成できる。だからこそ、主役は『あなた』たちなのだ」と結び、大会テーマの意義についてあらためて強調した。

 その後、Shurenkai に所属している3つの歯科医院のスタッフ全員がそれぞれ登壇し、発表が行われた。亀田歯科医院(愛媛県)は模型の精度やインフェクションコントロール、ながやまデンタルクリニック(鹿児島県)は補綴検査や咬合検査、咀嚼能力検査、たかしま歯科(愛知県)は医院継承後の院内システムの改革など、いずれも自院の課題をふまえて改善に向けて取り組んできた内容について、各職種の視点からありのままに語られた。スライドの見せ方や演出に至るまで各医院の個性が存分に表れており、会場は終始盛り上がりを見せた。

 このほか、Shurenkai活動報告として、第93回日本医療機器学会大会および日本補綴歯科学会第127回学術大会においてShurenkai会員が行った一般口演4題、ポスター発表6題の概要が各発表者より披露された。エビデンスを重視するShurenkaiならではの内容で、参加者の関心をおおいに集めた。

 なお、当日は「Shurenkaiデンタルショー2018」が併催されるとともに、同大会終了後には会場を移しての懇親会「Shurenkai感謝祭2018」も行われ、参加者同士の親睦が深められた。

 次回の10周年記念SOUKAIは、きたる2019年11月3日(日)に開催予定である。