Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2018年11月17日

2018月臨会総会開催

全国18スタディグループの代表がプレゼンテーションで競演

 さる11月17日(土)、18日(日)の両日、天満研修センター(大阪府)において、2018月臨会総会(松下孝直会長)が、全国18スタディグループを中心に約250名の参加者を集め、開催された。

 演者は、京橋症例検討会の加藤雅勇氏(大阪府開業)、青山歯科研究会Good Lineの矢吹一峰氏(神奈川県開業)、ACTの小池 慶氏(埼玉県開業)、熊本歯科三水会の長野靖弘氏(熊本県開業)、即時荷重研究会の有賀正治氏(長野県開業)、FTAの秋田洋季氏(京都府開業)、5-D SPISの片山 昇氏(三重県開業)、PASSの会の秋吉栄太郎氏(大分県開業)、MIMCDの松下純也氏(愛知県勤務)、モリタ塾の阿部公成氏(愛知県勤務)、中洲土三会の安部 徹氏(大分県開業)、ENの増田英人氏(大阪府開業)、YOSGの吉木雄一朗氏(愛知県開業)、JSCOLの寺田真也氏(大阪府開業)、FCDCの今泉康一氏(福岡県開業)、矯和会の速水勇人氏(京都府開業)、月臨会の岡 正信氏(和歌山県開業)、NGSCの田中利哉氏(有限会社Zahn)の18名であった。

 すべての講演内容は、テーマの革新性、症例写真のクオリティー、治療結果と考察内容の整合性、技術の独創性、科学的な信憑性などに基づいてコメンテーターの小野善弘氏(JIADS主宰)と木原敏裕氏(日本臨床歯科医学会理事)を中心に公正に評価された。審査の結果、「唇側骨に欠損を有する上顎前歯への抜歯後即時インプラント埋入―可動粘膜内縦切開を用いたGBRとCTGの併用―」と題して講演したEN(Enhancement of New dentistry:中田光太郎主宰)の増田氏がアワードを受賞した。

 なお本会は、来年以降も若手歯科医師の育成をモットーに、精力的に活動を続けていく予定である。