Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2019年1月11日

現職の堀 憲郎氏が3選を目指し立候補

日本歯科医師会会長予備選挙

 日本歯科医師会は、会長予備選挙の立候補届出を1月11日(金)に締め切り、現職の堀 憲郎氏(新潟県開業)のみが立候補したことを発表した。堀氏は同日行われた選挙管理委員会の資格審査で「候補者適格」と認められた。

 会長予備選挙は、候補者が定数(1名)の場合でも代議員140名と選挙人497名の合計637名による郵便投票で実施する。投票期間は、投票用紙を発送する2月4日から15日午後2時到着分までで、開票は15日の投票締め切り後に行われる。

 会長予備選挙の当選者は、6月13日、14日に開催予定の第190回定時代議員会で、代議員の投票による理事の選任を行い、同代議員会終了後の理事会で、選任された理事の中から代表理事(会長)が選定される。

 3期目を目指す堀氏の手腕に注目したい。