Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2019年2月3日

ジーシーインプラントミーティング2019開催

次世代を担う新進気鋭のエキスパートたちが登壇

 さる2月3日(日)、富士ソフトアキバプラザ(東京都)において、ジーシーインプラントミーティング2019(株式会社ジーシー主催)が「次世代を担うエキスパートが語るインプラント治療の最前線」をテーマとして、約150名の参加者を集め盛大に開催された。

 本会では、各分野のエキスパートが招聘され多角的な観点からインプラント治療が語られ、さらに国内初のインプラント治療への適用が認められた骨補填材「サイトランスグラニュール」を使用した症例も提示された。

 開会の挨拶の後、雨宮 啓氏(神奈川県開業)が上顎臼歯部のインプラント治療について講演を行い、上顎洞底挙上術における骨高径による側方・歯槽頂アプローチの使い分けについて語った。次に、中澤 玲氏(東京都開業)が登壇し、顎関節疾患における基礎的症例とセオリーに収まらない症例を提示し、治療ステップごとに詳説した。

 昼食の後に、北沢 伊氏(千葉県開業)は、インプラントの埋入と骨増生の基礎的な外科術式を紹介。骨増生の骨補填材にサイトランスグラニュールを用いた症例では、組織切片を提示し、増生された骨の特徴を分析した。片山明彦氏(東京都開業)は、インプラント治療における歯周組織再生療法について講演を行い、その中で欠損と歯肉厚みをもとにした再生材料の使い分けに関する自身の研究を紹介した。

 休憩を挟み、佐藤洋司氏(秋田県開業)は前歯部審美領域の治療を講演する中で、ジーシーの製品を用いたデジタルソリューションについても言及した。最後に登壇した、丹野 努氏(栃木県開業)は、インプラントのデザインと適応症例、骨増生について解説する中で、ジーシーインプラントAadvaと骨補填材サイトランスグラニュールの特長についてまとめ、講演会を締めた。