診断力のつくセファログラム読みとりのテクニック
2/4

第1章 側面頭部エックス線規格写真分析法14NSMePogGnBPrOrAFacial convexity planeA-B planeMandibular planeOcclusal planeFH planeY-axisFacial planeN-A plane❶❷❸❹❺❻❼❽❾図1‐3 ダウンズ分析.骨格系計測項目性別男子女子❶Facial angle平均値85.07 84.83 S.D.5.67 3.05 ❷Angle of convexity平均値5.60 7.58 S.D.4.33 4.95 ❸A-B plane to facial plane平均値-5.10 -4.81 S.D.3.28 3.50 ❹Mandibular plane angle平均値26.25 28.81 S.D.6.34 5.23 ❺Y-axis to frackfort plane平均値65.71 65.38 S.D.3.27 5.63 歯系計測項目❻Cant of occlusal plane平均値9.52 11.42 S.D.4.01 3.64 ❼Interincisal angle平均値129.66 124.09 S.D.8.99 7.63 ❽Lower 1 to mandibular plane angle平均値4.67 6.33 S.D.7.21 5.78 ❾Lower 1 to occlusal plane angle平均値21.69 23.84 S.D.6.03 5.28 Distance upper 1 to facial convexity plane A-P(mm)平均値7.86 8.92 S.D.2.31 1.88 表1‐3 ダウンズ分析の計測項目と,日本人における平均値と標準偏差.1‐2 ダウンズ(Downs’)分析 Downsは下顎が“突出も後退もしていない”と思われる,臨床的に正常咬合とみなされた12~17歳の白人男女各10人ずつの側面頭部エックス線規格写真を分析し,平均値,標準偏差を算出した1(図1‐3).本書では飯塚らの咬合の正常な日本人男子50名(平均年齢23歳7か月),女子50名(平均年齢19歳7か月)を対象とした研究からの数値を参照した5(表1‐3).日本人男子50名(平均年齢23歳7か月) ,女子50名(平均年齢19歳7か月)❶Facial angle:FH planeとFacial planeのなす角度. オトガイの突出度を表す❷Angle of convexity:N-A planeとFacial convexity planeのなす角度. 上顎の突出度を表す❸A-B plane to facial plane:A-B planeとFacial planeのなす角度.上下顎歯槽部のそれぞれの関係を表す.Facial planeよりPoint Aが前方にある平均的な場合がマイナス符号であることに注意❹Mandibular plane angle:FH planeとMandibular planeのなす角度.❺Y-Axis:Y-axisとFH planeのなす角度. 脳頭蓋に対する顔面の成長発育の方向を示す骨格系計測●いろいろな分析法と計測項目を知る OrAFacial planeFacial convexity planeA-B planeN-A plane●❶●❷●❸●❼●

元のページ 

page 2

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です