STは歯科診療所でこう活用しよう!

第2話:STが歯科診療所で活躍できるわけ

2022年3月号掲載

関連キーワード:

2022年3月号掲載

第2話:STが歯科診療所で活躍できるわけ

歯科の現場で専門性を発揮!言語聴覚士の業務と役割  ご存じのとおり、歯科の診療形態には外来と訪問診療の2つがあります。今回は、言語聴覚士の私が普段行っている業務や役割を中心にご紹介いたします。 1つめの外来では、お子さんの構音障害、口腔がんの術後フォロー、神経筋疾患の構音障害・摂食嚥下障害の評価や訓練、重症心身障害児・者や高齢者の口腔機能・摂食嚥下機能の評価や訓練を担当します(図1)。また、外来に限らず訪問診療でも、口腔機能発達不全症や口腔機能低下症の検査や指導の補助、嚥下内視鏡検査の補助を行います。 ...

続きを読むには・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると読むことができます。

会員の方は ログイン