新聞クイント2015年4月
1/12

2015年4月10日(金) 第232号1〈発行所〉〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目2番6号 クイントハウスビル TEL : 03-5842-2270(大代表)新聞クイント編集部 TEL : 03-5842-2280 FAX : 03-5800-7597 Email : news-q@quint-j.co.jp〈購読料〉1部200円(税別) ※新聞クイントの速配のご希望を承ります。 年間購読料 : 2,400円(税別 ・ 送料別)20154毎月1回10日発行第232号平成27年4月10日関連していることが多くの研究にて報告されている。舌本体の赤色度は、赤血球の濃度や分布と関連しており、貧血や脱水などの判断材料になる。また、舌の形状は水分代謝の程度のほか、姿勢やストレスの有無などの影 超高齢社会を迎えた日本で、口と全身の健康の関係性が注目されるなか、古くから舌の所見が全身状態と関連していることが知られており、医師は舌を診ていた。古代中国で発展してきた医学をわが国の風土に合わせて発舌診から広がる歯科の可能性展させた漢方医学では、五感を活用した診察法の1つに視診でもある望診があり、舌から全身状態を把握する「舌診」が重要視されてきた。 舌は呼吸器や消化器と関連が深く、その所見が血液検査値や健康状態と響を知る手がかりになる。貧血や低栄養では、舌乳頭萎縮が生じやすく平滑舌の所見を呈する。 舌苔は上部消化管との関連性が知られているが、糸状乳頭と混同して理解されている場合が多い。糸状乳頭は、栄養血管に糖分やタンパク質が増加すると角質部分が伸長して長くなり、これに老廃物や細菌が付着するのが舌苔である。舌苔の色は細菌の出す色素とも関連していることから、発熱や乾燥の病態変化を知ることで全身状態との関係が推測できる。 舌診は、特別な機器を必要としないため、歯科臨床においても健康状態を把握する重要なツールになると考えられる。超高齢社会においては、西洋医学と東洋医学を融合することで、歯科がプライマリケアの担い手になる日も近くなるだろう。(柿木保明・九州歯科大学教授、副学長、附属病院長)http://www.quint-j.co.jp/歯科のコミュニケーションサイトクインテッセンス出版の書籍・雑誌は、歯学書専用通販サイト『歯学書.COM』にてご購入いただけます。すべての人がもつ「口から食べる幸せ」という権利を守りたい小山珠美NPO法人 口から食べる幸せを守る会®理事長26 7 Dental Show2015 九州デンタルショーテーマ:「白い歯つくる丈夫な身体」【会期】5月30日(土)~5月31日(日)【会場】マリンメッセ福岡社 会 今月のニュース社 会健康寿命延伸のための歯科医療・口腔保健に関する「東京宣言」を採択世界会議2015増する高齢者の健康を守るための歯科医療政策を議論することを目的として開催されたもの。 13日(金)は、オープニングセレモニー後、Douglas W. Bettcher氏(WHO生活習慣病予防部長)による開会特別講演、大島伸一氏(独立行政法人国立長寿医療研究センター名誉総長)、飯島勝矢氏(東京大学高齢社会総合研究機構准教授)、大久保満男氏(日本歯科医師会会長)、Dr. Tin Chun Wong(FDI世界歯科連盟会長)による開会講演が行われた。演者からは、これまでの治す医療から治し支える医療へのパラダイムシフトの必要性、オーラルフレイル(口腔虚弱)期に対応するための医科歯科連携の推進、歯科医師会の存在意義、口腔保健の未来像など、それぞれの立場から提言がなされた。 14日(土)以降は辻 哲夫氏(東京大学高齢社会総合研究機構特任教授)による基調講演や武見敬三氏(参議院議員)による特別講演、アメリカ、ドイツ、フランス、香港、韓国、タイ、インドネシア、アフリカ地域など、諸外国の歯科医療・口腔保健の現状と高齢社会への対応、厚生労働省、日本歯科医師会、日本歯科商工協会、大学人および臨床家による講演が行われた。 15日(日)に行われた全体会議では、3日間の講演内容に関する総括と声明に対する協議が行われ、最後に健康寿命延伸のための歯科医療・口腔保健に関する「東京宣言」が採択された。 3月13日(金)から15日(日)の3日間、東京国際フォーラムにおいて、世界会議2015(日本歯科医師会・日本歯科医学会、8020推進財団、日本歯科商工協会主催/世界保健機関〔WHO〕共催)が、「健康寿命延伸のための歯科医療・口腔保健」をテーマに盛大に開催され、3日間でのべ約1,800名が参集した。 本会議は、高齢社会における同じ悩みをもつ国々の人々が一堂に会し、急開会後、主催者を代表して挨拶する大久保満男大会長(写真上)と閉会後の海外の歯科関係者との集合写真(写真下)。連 載今・躍動する日本の歯科学会認定分科会編:日本歯科東洋医学会大竹和行4Dr.門倉の健康講座~知らなかった!からだに良いもの悪いもの~門倉義幸4これからの歯科医療提供体制のあり方を考える―歯科医療従事者が活躍できる場を構築するために―清山美恵51分間コラム砂田勝久10寄 稿東日本大震災4年を迎えた今、地域医療の立場から復興を考える河瀬聡一朗11P RNew Frontier 提供:サンスター株式会社インプラント治療におけるメインテナンスとホームケア ―バトラー インプラントケアシリーズ―鈴木秀典大月基弘横谷亜希子加藤啓介8 9

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です