新聞クイント9月
13/16

2010年9月10日(金) 第177号13患者さんと歯科医院の笑顔をつなぐコミュニケーションマガジン2010年8月号患者さん向け待合室で読める1・分・間コラムには、さらにくわしい解説が載っています!ぜひご覧ください。本コーナーでは、患者さん向けの簡単な歯科コラムを紹介しています。切り取って、待合室などに置いてみませんか?★歯ぐきがやせたそのわけは? 「近ごろなんだか歯が長くなった」と感じることはありませんか? こういうかたは、歯周病が進行したり、乱暴な歯みがきを続けたことによって、歯を支えている歯槽骨が減り、そのために歯ぐきがやせてしまっているのです。 歯槽骨が減ると、歯槽骨を覆う歯ぐきもその分退縮します。これが、「歯ぐきがやせた」という状態です。歯ぐきが大きくやせると、ついには黄色っぽい歯根が露出して歯が長くなったように見え、口もとが不健康で老けた印象になってしまうため、こうした悩みをもつ患者さんは少なくないのではないでしょうか。 ことに目立つのが、前歯から犬歯のあたりの歯ぐきのやせです。前歯や犬歯の周囲の歯槽骨は、もともとたいへん薄くてデリケート。ひとたびトラブルが起きると失われるのも早く、歯ぐきがやせやすい場所なのです。歯槽骨はいちど失ってしまうと、もとどおりに回復するということはまずありません。放置するとさらに失われてしまう可能性もあります。★歯周形成外科とは? そこで、こうした審美障害に悩む患者さんのお役に立つのが、歯周形成外科とよばれる、歯ぐきの形を手術で改善する方法です。歯周形成外科には大きく分けて2通りの方法があります。1つは、歯に余分にかぶさって審美障害を起こしている歯ぐきを切り取る手術。もう1つが、歯ぐきを増やす方法です。 当然ながら、余分なものを取り除くより、不足しているものを足すほうが、同じ歯周形成外科でも治療のレベルとしてははるかに高度なテクニックが要求されます。また、現状では歯ぐきを足す治療を必要となさっている患者さんのほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。★歯ぐきを増やして美しく健康に! 歯ぐきを増やすための歯周形成外科では、患者さんご自身のお口のほかの部分から歯ぐきを取ってきて、足りない場所に移植する方法が用いられます。患者さんご自身の歯ぐきですので、拒否反応もなく定着させることができます。 歯ぐきのやせは、審美障害だけでなくお口の健康を阻害する大きなリスクにもなるので、この外科治療はお困りの患者さんにとって大きな福音となっています。 歯ぐきを増やして笑顔を美しく変え、それと同時にお口の健康維持にも貢献する歯周形成外科について、ぜひ知っていただきたいと思います。『歯周形成外科できれいな歯ぐきを取り戻す!』より 廣瀬哲之(神奈川県開業)クイントオリジナル図書カードプレゼント(4名様:9月30日当社必着)ハガキに今月のキーワード44444444、郵便番号4444、住所44、氏名44、電話番号4444、職業44、ならびに小紙に対するご意見・ご感想をお書きのうえ、下記宛にご投函ください。〒113-0033東京都文京区本郷3丁目2番6号クイントハウスビル7Fクインテッセンス出版㈱新聞QUINT編集部 シークワーズパズル係※ ご記入いただいた読者のお名前・ご住所・ご連絡先などは、「シークワーズパズル」当選者に賞品をお届けするため、また、お届けに必要な情報確認などのために利用し、ほかの目的では利用いたしません。解説文を参考に○○○の中の単語を埋め、マスの中からその単語を探し当ててくだ解説文を参考に○○○の中の単語を埋め、マスの中からその単語を探し当ててください(タテ、ヨコ、斜め、文字は重複しても可)。探し終えたあとに残ったカタカナさい(タテ、ヨコ、斜め、文字は重複しても可)。探し終えたあとに残ったカタカナを組み合わせて今月のキーワード(歯科に関するワード)を出してくださいね!を組み合わせて今月のキーワード(歯科に関するワード)を出してくださいね!ヤクオンンレドンーシクスエウエウターエボケカセカガツンクヨキダチヨイシイクツラパヨロフサウクヨツン○○○○=血管内を流れる液体。その組織は、淡黄で、透明な液体成分(血漿)と血球成分(赤血球、白血球、血小板)からなる○○○○=1個の細胞からできた同じ遺伝子を100%もった細胞、または生物をいう(複製)○○○○○=う窩・根管消毒液で主成分はグアヤコールである○○○○○=正常なものに比べ異常に大きい歯○○○○○=茶、コーヒーなどに含まれているアルカロイドの一種で、科学的にはキサンチン誘導体である○○○○○=薬物の作用のなか、治療の目的に不必要な、有害無益の作用をいう○○○○○=動脈や皮膚などの伸展性に富んだ組織に含まれている線維性糖タンパク質。弾性線維の主成分○○○○○○=下顎骨の関節突起(下顎頭)と側頭骨の関節結節と下顎窩の間の関節である○○○○○○○=マレー地方に産するアカテツ科植物の樹液を乾燥させたもので根管充塡剤(材)や仮封材として用いられるvolume1197月号 Volume117の当選者正解「ゼンシンマスイヤク」大隅友美 様(新宿区)、木村千尋 様(鶴見区)小森 咲 様(堺市)、下河内菜見 様(下関市)学会開催情報学会開催情報2010年10月2010年10月◆第21回日本咀嚼学会学術大会10月1日(金)~3日(日)場所:東京医科歯科大学湯島キャンパス連絡先:事務局 Tel. 03-3947-8891◆第38回日本歯科医史学会総会・学術大会10月2日(土)場所:日本歯科大学生命歯学部九段ホール連絡先:日本大学松戸歯学部歯科麻酔・生体管理学 Tel. 047-360-9438◆第21回西日本臨床小児口腔外科学会総会・学術大会10月3日(日)場所:大阪大学中之島センター連絡先:事務局 Tel.072-256-6636◆第59回日本口腔衛生学会総会10月6日(水)~8日(金)場所:朱鷺メッセ(新潟)連絡先:新潟大学大学院予防歯科学 Tel. 025-227-2857◆第38回日本歯科麻酔学会総会・学術集会10月7日(木)~9日(土)場所:横須賀芸術劇場 他連絡先:運営事務局 Tel. 03-3947-8761◆第55回日本口腔外科学会総会・学術大会10月16日(土)~18日(月)場所:幕張メッセ(千葉)連絡先:東京歯科大学オーラルメディシン・口腔外科学 Tel. 047-324-8680◆大阪歯科大学同窓会10月17日(日)場所:大阪歯科大学天満橋学舎「接着性コンポジットレジンによる審美修復」山本一世連絡先:Tel. 06-6910-1061◆大阪大学歯学部同窓会10月23日(土)場所:大阪大学歯学部記念会館「ドライマウス-唾液腺の基礎から臨床-」阪井丘芳 連絡先:Tel. 06-6875-1389同窓会開催情報同窓会開催情報2010年10月2010年10月■おわびと訂正■8月号の「第40回㈳日本口腔インプラント学会・学術大会」6面「主管:㈳日本口腔インプラント学会 中国・四国支部」は「主管:㈳日本口腔インプラント学会 東北・北海道支部」の誤りでした。おわびして訂正いたします。Vol.41「インプラント塾」坪井陽一(塾頭)【組織DATA】坪井陽一氏を塾頭に、2009年11月に設立されたスタディーグループ。本塾は、「論理のない直感はただの思いつきです。科学的思考でインプラント治療を楽しく学びましょう」を塾コンセプトとして、「即時負荷・低侵襲・組織再生治療時代のインプラントプランニングの徹底理解と治療技量の向上」を目標としている。毎月(札幌、松山は隔月)例会を開催し、前半は基本講義で楽しく学ぶための基礎を紹介し、後半は塾生の症例プラニングを行っている。Total Solution Kyoto、Fukuoka、Sapporo、Ehimeのお問い合わせは右記参照。勉強会up to dateTotal Solution Kyotoインプラント塾生。科学的思考でインプラントを楽しく学ぶ 昨今のインプラント治療は各段に進歩し、目を見張るものがありますが、個々のインプラント症例のおける診査・診断および治療プランニングに関しては画一的なものではありません。本塾の名称をTotal Solution Kyoto、Fukuoka、Sapporo、Ehimeインプラント塾としたのは、年間を通した塾プログラムを作成し、知識を整理し、新しい治療技法や診査・診断の手法を正しく身につけることに主眼に置いているからです。 インプラント治療は、欠損補綴の1つのオプションであり、一貫した歯科医療の知識を吸収することで成就するものです。かの吉田松陰は、「実行の中にのみ学問がある。行動しなければ学問ではない」としています。本塾も塾生の個性を尊重し、生き生きと成長できるように科学的根拠に基づいた医療情報をていねいに伝達し、つねに門戸を開いた私塾に発展させたいと考えています。 Total Solution Kyotoでは、定期的に国内外の著名な先生方を特別講師として招聘し、会の充実を図っていきたいと思います。なお、きたる10月には春日井昇平先生(東京医科歯科大学教授)を招聘し、講演会を開催予定です。本塾のコンセプトにご賛同いただける先生方のご参加をお待ちいたしております。問い合わせ先Total Solution Kyotoインプラント塾(主宰:大谷 昌、大阪府開業)TEL:06-6214-6182E-mail:otani@odc.ne.jpTotal Solution Fukuokaインプラント塾(主宰:小林聖司、福岡県開業)TEL:092-413-0118Total Solution Sapporoインプラント塾(主宰:北山康則、北海道開業)TEL:011-790-5388E-mail:y-kitayama@kitayama-dental.comTotal Solution Ehimeインプラント塾(主宰:清水誠治、愛媛県開業)TEL:0898-65-6480E-mail:ssseiji@estate.ocn.ne.jp

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です