抄録

印刷

Eホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 13:20〜14:40 プログラム
How to diagnose a variety of patient symptoms -TMD・Oral Habits・Occlusal Dysesthesia-
Gilles Lavigne
講演
Gilles Lavigne
Canada

[PROFILE]

Professor and Dean, Faculty of Dental Medicine, Université de Montréal

Gilles Lavigne, DMD ( U Montreal, Canada), PhD (U Toronto, Canada) and FRCD (oral medicine, Georgetown U, USA) completed a postdoctoral training on the neurobiology of pain at NIH, Bethesda. He received a Doctor honoris causa from the Faculty of Medicine, University of Zurich (April 2009).

Gilles Lavigne currently holds a Canada Research Chair in Pain, Sleep & Trauma and is Dean of the Faculty of Dental Medicine at the Université de Montréal. He is the Past President of the Canadian Sleep Society and currently the president elected of the Canadian Pain Society. He is the co-founder and past director of the 3 research networks in Oral Health, Pain and Placebo Mechanisms of the Fonds de la Recherche en Sante du Quebec and the Canadian Institutes of Health Research (CIHR). He was also the co-director of the training grant Pain M2C of the CIHR.

Gilles Lavigne is internationally recognized for his experimental and clinical researches on sleep bruxism and the interactions between sleep, pain and breathing disorders. He currently conduct studies on: 1) the role of sleep on placebo analgesia, 2) the influence of airway function on sleep continuity, pain and headache, and, 3) the sleep and pain in brain injury patients.

睡眠薬と歯科医療の役割

[講演内容]

 歯科医療は、多くの睡眠障害のスクリーニングや睡眠時の歯ぎしり、口腔顔面痛の診断・治療の鑑別に必要である。本講演では以下のことについて述べる。
1) 頭痛、不眠、睡眠時無呼吸、周期性四肢運動障害や神経学的異常(痙攣、RBD)などの検査をする際に必要な、併存症としての睡眠時の歯ぎしりや口腔顔面痛とのかかわりを理解する
2) 睡眠の記録が必要とされる場合に評価すること
3) 安定した、あるいは継続的に良好な睡眠を促すために日常生活の一部として取り組める方策
4) 代替療法の提供:行動学的アドバイス、(短期の)投薬、生物学的フィードバック(筋リラクゼーション)、スプリント(歯の保護)や下顎前方誘導装置(睡眠時無呼吸や朝の痛み)など


Sleep medicine and role of dentistry

[Abstract]

Dentistry has a role in screening many sleep disorders and in the diagnosis/management of sleep bruxism and orofacial pain. The following is suggested:
1) Understand contribution of co-morbidities to sleep bruxism and orofacial pain by screening for headache, insomnia, sleep disorder breathing (apnea), periodic limb movements or neurological disorder (epilepsy, RBD);
2) Assess when sleep recording is needed;
3) Implement strategies to promote stable or continuous sleep as part of regular good sleep practices;
4) Offer alternatives, including behavioral advices, medication (short-term), biofeedback (muscle relaxation), occlusal splints (to protect teeth) or mandibular advancement appliances (for impaired sleep breathing or morning pain).

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。